海の上の診療所1話あらすじネタバレ!ロケ地と相関図!予告動画!

2013年10月2日 | カテゴリー:ドラマ・テレビ番組

海の上の診療所 画像

この秋スタートの月9ドラマ
「海の上の診療所」の放送開始がせまっていますね。

松田翔太さんをはじめ
旬の俳優さん達が多数出演されるようですが
どんなドラマになるのでしょうか?

今回は「海の上の診療所」第一話について
ネタバレを含めまとめてみました。

 

 

海の上の診療所とは?

海の上の診療所 画像

物語は、
実在の病院船をモチーフにしたヒューマンドラマだそうです。

 

瀬戸内海に多く存在する無医島の問題を解決するため、
離島をめぐる病院船を舞台に
離島や船上での生活を描いていきます。

 

主演の松田さんが演じるのは、
病院船・海診丸へ乗り込んできた
若手医師・瀬崎航太(せざきこうた)。

 

敏腕だけど惚れっぽい、という軽いキャラみたいですね。

 

設定などがちょっと
Dr.コトー」とかぶってる?と思ったら
こちら制作スタッフが同じでした。

 

しかも同じフジテレビなので、
航太は、Dr.コト―にあこがれてる設定になってるようです。

 

他局だったらクレーム来そうですが、同局のなせる技ですね。

 

航太は劇中で
Dr.コータです」というセリフもあるので、
今回は完全に逆手に取った戦略みたいですよ(笑)

 

 

第一話あらすじとネタバレ!相関図は?

このドラマは
1つの島を舞台に1人のマドンナでエピソードひとつ、という
基本パターンで展開するようです。

 

第一話のマドンナ・村上美月 役は
加藤あいさんになります。

 

武井咲さんはマドンナではなく、
元ヤンの噂のある戸神眞子役のようですね。

 

以下ネタバレ注意

 

ひょんなことから
病院船「海診丸」に乗ってきた航太のために
開かれることになった歓迎会。

 

眞子たちスタッフ一同で準備を進めていたのに
約束の時間に大遅刻してやってきた航太。

 

お風呂上がりの眞子に不審者と間違えられて、
蹴り飛ばされてしまいます。

 

翌朝、海診丸は千登勢島へと向かい、
島民の診察をしますが眞子のいい加減な診察に、
航太はあきれてしまいます。

 

そんな航太たちが
往診の帰りに見つけたのが
お墓で涙を浮かべる村上美月。

 

美月は、家を売るという父親との衝突に
悩んで泣いていたのでした。

 

「亡くなった母との思い出が詰まった家、売りたくないのに!」
という美月。

 

そこで航太は
「美月を救いたい。医者をやめて海診丸を降りる」と言い出して…

 

というストーリーになります。

 

そのあと航太が医者を辞めることはないのですが
これは誰でも想像付きますよね。

 

まだ第一話なのに、航太が医者を辞めて美月と結婚となれば
第二話からストーリーが変わってしまうので…。

 

ネット上では、
回が進むにつれて結局、眞子とくっつくのでは?
という意見も多く見られました。

 

その辺は今後の見どころになりそうですね。

 

また、第一話では特に活躍はないですが
主演以外にも豪華な顔ぶれが登場します。

 

眞子に思いを寄せる
看護師・三崎役の福士蒼汰さん。

 

ベテラン内科医の
内村葵を演じる藤原紀香さん。

 

船長兼料理長の寺島進さん。

 

藤原さん演じる葵の夫役・荒川良々さんなど。

 

今後はこの辺りのキャラにスポットがあたるエピソードも
出てきそうですね!

 

毎回登場するマドンナにも期待しましょう。

 

ちなみに相関図もご覧になってみてください↓
海の上の診療所 相関図 画像

 

 

ロケ地について

海の上の診療所 牛窓町 画像

このドラマは、瀬戸内海をのぞむ牛窓町
ロケ地になっています。

 

牛窓町は、岡山県南東部の邑久郡にあったのですが
合併されて瀬戸内市となった町です。

 

潮の満ち引きで道が現れる
「ヴィーナスロード」が、デートスポットとしてにぎわってるようですよ。

 

このほかにも香川県でのロケもあるようなので、
お近くの方は松田さんたちに会えるチャンスかも知れませんね!

 

 

予告動画

こちらは予告動画になります↓

 

Dr.コトーをネタにしちゃってますね…!
本編ではどんな流れで言うセリフなのか気になります。

 

放送スタートは10月14日夜9時からで、
初回は15分拡大になります!

 

放送日を楽しみに期待しましょう!

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ