独身貴族の第1話ネタバレ感想は?第2話とロケ地は?結末は結婚?

2013年10月11日 | カテゴリー:ドラマ・テレビ番組

独身貴族 ドラマ 画像

10月10日からスタートした秋ドラマ「独身貴族」。

タイトルからすると未婚者がますます増えていく、
今の日本を象徴するかのようなドラマですよね。

そんなドラマ「独身貴族」について
第1話ネタバレ感想やロケ地、結末などを予想してみました。

 

 

独身貴族第1話ネタバレ感想は?

独身貴族 ドラマ 画像

結婚したくてもできない、または結婚する気がない。
そんな独身男性と独身女性の三角関係的なラブコメドラマ「独身貴族」

 

世の中の独身者の方たちが、
共感する部分も多いのではないでしょうか?

 

簡単に第1話のあらすじ(ネタバレ)を説明すると…

 

主人公・星野守(草なぎ剛さん)

 

守は父から譲り受けた映画制作会社「キネマ・エトワール」の社長。
人にペースを乱されることを嫌う守は美食とファッション、
特に映画をこよなく愛する独身貴族。

 

結婚する気はないものの、祖母の亜希子に言われ
配給会社の社長令嬢・現王園玲子としぶしぶお見合いすることに。

 

守の弟・星野進(伊藤英明さん)

 

兄とは正反対の性格で離婚協議中にもかかわらず、
日々恋愛を楽しんでいる「キネマ・エトワール」の専務。

 

ある日二人が社内で激しく口論。
その理由とは大御所である脚本家から次回作の脚本が届かないということ。

 

脚本家を信じて待つ守と焦る気持ちを前面に出している進。
仕事面でも性格は正反対のようですね。

 

脚本家を目指す独身女性・春野ゆき(北川景子さん)

 

脚本家を目指すもなかなか芽が出ない日々を送っているゆきは、
ある男性からプロポーズを受けるも、
結婚観が全く違うことに幻滅しその場を立ち去ってしまう。

 

貯金も底をついてしまったため、
友人の紹介でハウスクリーニングのバイトを始めるゆき。
ゆきが担当する家はなんと守と進の家でした。

 

守は締め切り前に突然逃げ出してしまった
大御所脚本家が川辺にいるところを発見。

 

脚本のことを問いただすも脚本家は作品を作っていませんでした。

 

そんな中、守と進の家でハウスクリーニングを担当していたゆきは
こっそり自分の書いた作品をリビングに置くことに。

 

作品を読んだ守はゆきに辛口コメントするも
「セリフは良かった」と伝え、一緒に働くことになりました。

 

と、簡単に第1話のあらすじでしたが、
今後の三人の恋愛模様などの展開が楽しみですね。

 

みんなの感想はというと…

 

草なぎ君のドラマは面白いのが多い

伊藤くんとの兄弟設定もどうかなと思ったけど、意外に似合ってる

ナイスキャスティング!」など。

 

ドラマの内容以上に、キャスティングのメンバーが好評のようですね。

 

 

第2話は?結末は結婚?

独身貴族 伊藤英明 画像

第1話の感想もまずまずのドラマ「独身貴族」。
さっそく第2話も気になってしまいますよね。

 

情報によると…

 

守は先日お見合いした玲子とデートをすることに。
うわの空だったため、守は玲子を自分の家に招待する約束をしてしまいます。

 

大量の食材を買い込んでやってきた玲子。
料理を始めるも、その大ざっぱぶりに守は気が遠くなり唖然とします。

 

弟の進も離婚協議中の妻からの高額な慰謝料請求に驚き、
ゆきも慣れない映画の撮影現場で奮闘中。

 

何だか第2話はさらにやっかいなことになりそうですね。

 

ちなみに独身を自由に楽しんでいる感じのドラマですが、
結末はやはり結婚なのでしょうか?

 

それともやはり信念を貫いて?独身のままで終わるのでしょうか?

 

このドラマに原作はなく完全オリジナルストーリーらしいので、
予想もつかない展開が期待できそうですね。

 

 

ロケ地は?

独身貴族 城山スタジオ 画像

ドラマ「独身貴族」のロケ地は
神奈川県模原市の「城山スタジオ」で行われたそうです。

 

プールでも撮影が行われ、先日撮影中に心筋梗塞で
帰らぬ人となった石田太郎さんのニュースでも取り上げられていましたね。

 

心よりご冥福をお祈りします。

 

主演の草なぎさんも悲痛なコメントをされていましたが、
石田さんのぶんまで頑張ってこのドラマを成功させてほしいと思います。

 

 

ドラマ「独身貴族は」フジテレビで
毎週木曜日夜10時からの放送です。
今からでも是非、お見逃しなく!

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ