ガリガリ君ゆずの評判は?当たり見分け方と確率は?人気の種類は?

2013年10月12日 | カテゴリー:ニュース

ガリガリ君ゆず 画像

あの「ガリガリ君」が、モンハンとのコラボ商品
「ガリガリ君ゆず味」
を発売し、話題になっています。

今回は気になるゆず味の評判と、
当たりの見分け方などについても調べてみました!

 

 

ガリガリ君ゆずとは?評判は?

ガリガリ君ゆず 画像

赤城乳業は9月24日に
「ガリガリ君」と大人気ゲーム「モンスターハンター4」
のスペシャルコラボ商品として、ガリガリ君ゆずを発売しました。

 

ゆず皮の感じを残した、ほんのり苦味あるアイスキャンディーの中に、
ジューシーなハチミツゆず味のかき氷が入っています。

 

この組み合わせは間違いなく美味しいですよね。
シャリシャリの食感とも相性良さそうです!

 

そしてご覧の通り、パッケージがモンハンバージョンになっていますね。

 

ガリガリ君がゴアマガラを狩っていたり、
アイルーを引き連れてるバージョンなど、
絵柄は全部で3種類あるのでモンハンファンは必見となっています。

 

さらに、パッケージ裏のQRコードを使えば
スペシャル待受けがもらえる企画も実施中とのことです。

 

ファンは、中身を食べる以外にも楽しめる要素が満載ですね!

 

そして、気になる味の評判はというと…

 

ゆずの香りとほんのりとしたハチミツの甘みが美味しい

くどい甘さではないのでさっぱりと食べれる

酸味も控えめなので食べやすい♪

というコメントがあったので、評判はなかなか良いみたいですよ。

 

食後の後やお風呂上りにも
さっぱり食べれるので是非ご賞味ください♪

 

 

当たりの確率は?

ガリガリ君 当たり確立 画像

ガリガリ君のもう一つの楽しみといえば当たり棒ですよね。
当たりの割合は、どのくらいなんでしょうか?

 

赤城乳業によると、

ガリガリ君の当たり確率は、景表法という法律で公正に調節致している

具体的には発表できないが、景表法の範囲内

だということです。

 

これについて、一部では2%だという数値が発表されていました。

 

ちなみに、お店で当たり棒と商品を交換した人の割合は、
5人に1人程度とも言われています。

 

意外と当たりやすいものなのかもしれませんね!

 

 

見分け方は?

さて、購入前に当たり外れを見分けられたらラッキーですよね。

 

袋の外から見分ける方法について調べてみたところ、
二つの情報を見つけました!

 

ガリガリ君 見分け方 画像

 

ひとつはバーコードに注目する方法です。

 

バーコードの五本目が太いものとそうでないものがあった場合、
太い方が当たりだということです。

 

そしてもうひとつは、パッケージ裏の端の中心部分に注目です。

 

このぴらぴらした部分の裏の黒い所が、
ハズレだと大きくて、あたりのほうが小さいのだそうです!

 

どちらも、複数の商品と見比べたら
分かりやすそうな特徴ですよね!

 

これで、当選チャンスもアップするのではないでしょうか!?

 

 

人気の種類は?

ガリガリ君といえばソーダ味が通年商品となっていて、
今回のような商品は期間・季節限定の販売になるようです。

 

これまで発売されたガリガリ君は50種類以上あるそうですが、
何味が人気だったのでしょうか?

 

ガリガリ君 マンゴー 梨 画像

 

統計によると、2009年の時点でマンゴー味が人気商品だったみたいですね。

そして2010年代に入ってからは、季節フレーバーとして発売された
梨味に人気が集まったようです。

 

梨味は箱入りのファミリーパックとしても発売されている
超人気商品ですよね。

 

本物の梨に近い味わいが人気の秘訣のようです。

 

ちなみに、ガリガリ君は以前ミント系フレーバーの
グレープミント」と「シトラスミント
も発売されたそうなのですが、
これらはあまり人気が出なかったみたいです。

 

ミントは、チョコミントアイスのように
クリーム系の方が相性が良かったのかもしれませんね。

 

もう食べられない味だと思うと、
ちょっと食べてみたい気もします…。

 

秋になってもまだまだ暑い日が続く今年は
ガリガリ君ゆずで涼んでみるのも良さそうですね!

 

クレアおばさんのシチュー味についてはこちらをどうぞ

ガリガリ君クレアおばさんのシチュー味の発売日は?感想や評判は?

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ