3月のライオン10巻発売日は?9巻の感想ネタバレ!アニメ化は?

2013年10月13日 | カテゴリー:アニメ・漫画

3月のライオン 画像

羽海野チカさん作品の漫画「3月のライオン」。

将棋をテーマにさまざまな人間模様が描かれており
人気を集めていますね。

先日待望の9巻が発売され4作連続首位を獲得した
漫画「3月のライオン」について
感想やネタバレなどをまとめてみました。

 

 

3月のライオンとは?

3月のライオン 画像

物語の内容を簡単に説明すると…

 

東京下町で一人暮らしをする17歳の少年・桐山零。
本作の主人公です。

 

幼い頃に事故で家族を失った零は父の友人である幸田の養子となり、
一緒に暮らしてきました。

 

その後、将棋としての才能が開花した零は
心に深い傷を負ったままプロ棋士に。

 

「将棋が全て」と言い切る養父・幸田に目をかけられるも、
幸田の実の子供である香子と歩から疎まれてしまいます。

 

居場所を失くし一人暮らしを始めた零は、
川本家の3姉妹・あかり・ひなた・モモと出会うことになり…

 

川本家の交流やさまざまな棋士との対戦をしていくうち、
失っていたものを少しずつ取り戻していく。
そんな将棋の勝負以外にも人と人とのつながりを描いた作品になります。

 

ちなみに3姉妹の次女・ひなたがヒロインで、
いつも明るく元気な中学2年生。

 

いじめ問題に直面後、零のことを特別な存在として意識するように。

 

それぞれがいろんな悩みを抱えながらも、
ともに成長していく物語です。

 

 

9巻の感想ネタバレ!

3月のライオン 9巻 画像

そして最新刊9巻のあらすじですが…
ネタバレで注意でお願いします

 

中学3年生のひなたは自分の進路のことで悩む日々。

 

やりたい事はわかっているのに手をだしてはいけない気が…。
そんなひなたを優しく見守る家族と零。

 

いよいよ恋愛モードに突入といった感じのひなたと零ですが、
川本家を家族として愛している零が、

 

果たしてその関係が壊れるかもしれないと気づきながらも
ひなたを女性として受け入れるのか?

 

さらに感情が激しく何かと零につきまとう香子との関係は
どうなっていくのか?などなど…。

 

恋愛感情も入り乱れ、さらにヒートアップしそうな予感ですね。

 

みんなの感想も

ゆっくりと、でも着実に成長していくひなたがいい!

髪をボブにしたひなちゃんマジかわいい」など。

 

中には

表紙のイラストがかわいすぎて買いにくかった」という方も。

 

ヒロインのひなたの魅力も人気の一つのようですね。

 

 

10巻発売日は?

今回発売された9巻は前回の8巻から約10ヶ月ぶりということで、
次回の10巻発売日も気になるところですよね。

 

ネットによると
次も単行本が出るのは10ヶ月くらいかかるのでは?
という見方が強く、

 

おそらく10巻の発売2014年の8月頃ではないでしょうか?

 

理由としては、
現在連載中の「ヤングアニマル」でも休載が多いためのようで、
先は長いですがその分楽しみに待ちたいですね。

 

 

アニメ化は?

「マンガ大賞2011」や「第35回講談社漫画賞」を
受賞した作品「3月のライオン」。

 

ファンからも

あんなにヒットしているのにアニメ化やドラマ化をしないのはなぜ?
という意見が多いみたいですね。

 

テーマが将棋だから?

作者の羽海野先生が断っているから?」など

 

理由はいろいろと考えられているみたいですが、
実際のところ今後もアニメ化はないのでしょうか?

 

調べてみても残念ながら「3月のライオン」が
アニメ化になるという情報はなさそうですね。

 

アニメ化にならない一つの原因として
物語が「いじめ問題」を扱っているということ。

 

今までもいじめ問題を扱ったドラマやアニメが
かなり賛否両論巻き起こっているため、
その事がネックになっているのではないでしょうか?

 

現実的にも深刻な問題なので、
わざわざアニメ化にして注目を集めなくても?
ということなのかもしれませんね。

 

ちなみに「ヤングアニマル」に掲載されているにもかかわらず、
少女漫画と言われがちな「3月のライオン」。

 

将棋という勝負の世界だけに偏ってなく、
その日常を描いた可愛いイラストなので、
特に将棋に興味のない方でも楽しめる作品かもしれませんね。

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ