東京バンドワゴン第1話感想ネタバレ!ロケ地と第2話あらすじは?

2013年10月13日 | カテゴリー:ドラマ・テレビ番組

東京バンドワゴン ドラマ 画像

亀梨和也さん主演のドラマ「東京バンドワゴン」の
第一話が12日に放送スタートし、話題になっています。

今回は、このドラマのあらすじや
感想などについて調べてみました。

 

 

東京バンドワゴンとは?

東京バンドワゴン 画像

このドラマは小路幸也さんの短編小説
東京バンドワゴンシリーズが元になっています。

 

東京下町で、個性豊かな大家族の面々が、
ちょっぴり不思議な事件を解いて行くというホームドラマです。

 

主演の亀梨和也さんに加え、父親役で
玉置浩二さんが出演するということでも
話題になってますよね!

 

東京バンドワゴンがドラマ化!キャストは?主題歌やあらすじは?

 

 

第一話のネタバレ!

東京バンドワゴン ドラマ 画像

オンエアされた第一話は、どんな内容だったのか
おさらいしてみましょう。

ネタバレを含みますのでご注意くださいね

 

ある日亀梨さん演じる青は、泥酔し交番に保護されてしまいます。

 

そこで出会ったのが多部未華子さん演じる女子大生・すずみ。

 

青はその酒癖の悪さから、すずみを怒らせて
帰らせてしまうのですが
そのとき古い本を落としていきました。

 

青は、すずみの大学の図書館へと本を返しに行くことにします。

 

一方、青の祖父・勘一は店で見たことのない百科事典をみつけました。

 

家族全員が知らないというその本は
無くなったり現れたりを繰り返していることが判明し、
堀田家は一丸となって追求していきます。

 

結局、百科事典を持ち出していたのは
マンションの感圧式自動ドアを開けたいという
小学生の奈美子ちゃんでした。

 

奈美子ちゃんの体重では感圧式ドアが反応しなかったため、
重りに使ったというわけですね。

 

さらに、実は美奈子ちゃんの祖父だという
マンションの管理人さんが登場。

 

正体を明かさず、孫たちの暮らしを見守ることになった過去を
悔いていると打ち明け、エンディングとなりました。

 

簡単な謎解きで、ちょっとガッカリするところでしたが
最後にホロッとさせてくれましたよね!

 

 

 

感想は?

視聴者の感想どうだったのでしょうか?
感想をまとめてみました。

 

原作読んでないけど味のあるドラマで良かったよ!

堀田家が好きになりそうだ

意外に面白かった~。キャストもみんなハマってて良い

ラストおじさんと娘が話したシーン泣けた

曲も良かったから耳から離れん

ドラマ自体のほうも噛めば噛むほど味が出るスルメドラマになりそう

 

と、かなり好評だったようです。

 

特に、エンディングや玉置さんの歌うシーンなどは
心に響いたという方が多かったので、
CDもヒットするのではないでしょうか?

 

 

ロケ地は?

このドラマのロケ地についても調べてみたところ
東京スカイツリーの近くで行われていることがわかりました。

 

下町人情キラキラ橘商店街 画像

 

東京都墨田区京島の
下町人情キラキラ橘商店街」と呼ばれる場所だそうです。

 

Twitterには現場付近を訪れた際、亀梨さんを見ることができたという
ツイートも上がってきていました!

 

お近くの方は、撮影現場に遭遇するチャンスかもしれませんね。

 

 

第二話のあらすじは?

さて、次回のストーリーについても気になりますよね。

 

19日に放送される第二話についても調べてみました。

 

すずみが、東京バンドワゴンを訪れ
喜ぶ青でしたが、些細な誤解から怒ったすずみは帰ってしまいます。

 

そのころ近所の大学生・裕太が明治時代の百科事典全集を
売りに訪ねて来ます。

 

祖父の遺品だというその品を
勘一は10万円で買い取りますが、浮かない顔の裕太。

 

どうやら裕太の母親はオレオレ詐欺の被害に遭ったため
お金が必要とのことでした。

 

裕太の帰宅後、勘一はその百科事典に
長方形をした謎の穴を見つけます。

 

一方で東京「カフェ・あさん」には
赤ちゃんが置いてきぼりにされており、
一緒に置いていかれた鞄の中には札束が入っていました。

 

そんな中帰宅した我南人は、赤ちゃんの母親を知ってると言い出して…

 

という内容になります。

 

謎がダブルで登場しますが、
二つの事件は関連してくるのでしょうか?

 

次回放送日は10月19日となります。
期待して待ちましょう!

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ