2014冬季オリンピック開催地ソチとは?韓国たかり問題で中止?

2013年10月15日 | カテゴリー:ニュース

2014冬季ソチオリンピック 画像
いよいよ来年の2014年2月に開催されるソチオリンピック。

夏季よりもじわじわと盛り上がる感じの冬季オリンピックですが、
スケートやスキージャンプ、その他のスポーツも目白押しですよね。

そんな冬季オリンピックについて気になる話題を調べてみました。

 

 

2014冬季オリンピックの開催地ソチはどこ?

ソチ 画像

2014年冬季オリンピック開催地であるソチという地域。

 

ニュースでも「ソチ」という言葉を良く聞きますが、
ソチって一体どこなんだろう?という方にご説明を。

 

ソチはロシアの都市で、一番端っこのヨーロッパ側に位置します。
トルコの真上あたりですね。

 

ソチ 画像

 

ロシアの気候と言えばモスクワの寒いイメージしかありませんが、
このソチという地域は黒海に面しているため、気候が温暖

 

ロシアでもリゾート地としてにぎわっているそうですよ。
なんだか意外な感じがしますね。

 

気温もモスクワの2月の平均気温がマイナス6.7度に対し、
ソチの平均気温は6.0度

 

ほぼ同じ緯度である札幌の平均気温もマイナス3.1度なので、
ずいぶんと暖かいでしょう。

 

ソチの市街地は平地が多いですが、
すぐそばには山がたくさん広がっているので、
ロシアでもスキーの人気スポットでもあるソチ。

 

壮大なスケールの中で競技が行われそうで、とても楽しみですね。

 

 

韓国たかり問題で中止?

2014冬季オリンピック ソチ 画像

2014年の開催地はロシアのソチですが、
その4年後となる冬季オリンピックの開催地はどこなのでしょうか?

 

メディアなどの情報によると
2018年の冬季オリンピックは南朝鮮、
つまり韓国の平昌に決定したとのこと。

 

韓国 平昌 画像

 

同じアジアとして隣国の韓国が選ばれるのは嬉しい限りですが、
ここである問題が…。

 

まず冬季オリンピックのアルペン競技が、
その地形からして無理ということ。

 

しかも国際空港が3空港しかないにもかかわらず、
空港から競技場までのアクセス方法に疑問も。

 

さらにさらに大問題なのが、
冬季オリンピック開催に向けての資金のめどが立っておらず、
しかもその資金を日本に求めているそうなのです。

 

ネットでは「韓国のたかり問題」として話題になっているみたいですが、

 

その証拠に日本に相談や承諾を得ることもせず、
IOC国際オリンピック委員会に日本から技術と資金を援助してもらう
「決定事項」として報告したとか?

 

これではたかっていると言われても仕方ないですよね。

 

ネットでも
とりあえず決定しちゃったけど、雪が無さすぎるんだっけ?
また日本に援助してもらって名前だけ韓国という虫のよさ」など

 

日韓ワールドカップでの建設費用300億円
まだ返してもらってない状態だけに、
良い思いだけする韓国にあきれる声が多いみたいです。

 

逆になんでそんなとこに決定したの?」と言う意見もあり、
思わずうなずいてしまいますが、
それだけ韓国が「オリンピック開催出来ますアピール」をしたのでしょうか?

 

日本も2020年の東京オリンピックの準備などてんやわんやのはず。

 

韓国に資金はおろか、技術も援助できない状態なら、
もしかすると韓国での開催は中止ということもあり得るかも。

 

韓国がIOCに報告する前にきちんと日本に事情を説明していれば、
このように「たかり問題」と騒がれなかったかもしれませんね。

 

日本国民の印象も少しは違っていたのではないでしょうか?
実際に日本が韓国に援助するという意向はまだわかりませんが、
今後の行方にも注目していきたいですね。

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ