台風26号2013米軍進路予想は?気象庁の情報は?被害はある?

2013年10月16日 | カテゴリー:ニュース

台風26号2013 米軍進路予想 画像

強い勢力を保ったまま、関東地方に接近中の台風26号。

10年に1度の台風襲来と気象庁が注意を呼び掛けており、
とても心配ですよね。

関東地方にお住いの方や、または知人や親戚がいるという方は
気が気でならないと思います。

そんな台風26号について米軍の進路予想や
気象庁からの情報をいち早くキャッチ。

 

 

台風26号気象庁の情報は?

今年最大級の強い勢力をもった台風26号。

 

気象庁からの情報によると16日の明け方には
三宅島の東海上を北上しており、
東京都・神奈川・茨城・千葉・埼玉が暴風域に入った模様。

 

西日本から北日本の広い範囲で暴風や高波、
大雨が予想されているとのこと。

 

台風26号はこの後、温帯低気圧に変わり、
16日の18時には北海道の東へ進む見込みで、
さらに17日6時には千島近海まで到達するそうです。

 

まさに日本縦断という感じですよね。

 

温帯低気圧に変わると聞いて少しほっとしますが、
それまでは特に警戒が必要。

 

 

被害はある?

今までに台風26号がもたらした被害はどういう状況なのでしょうか?

 

まずは交通状況。

 

平日なので会社や学校に通勤・通学しなければならない人は
たくさんいますよね。

 

16日午前7時の情報によると、
JR東海の東海道新幹線が豊橋~三河安城駅間の運転を見合わせ、
JR東日本の山形新幹線も運転を見合わせているそうです。

 

首都圏でも私鉄を始発から本数を大幅に減らしているらしく、
タクシー会社では昨夜からタクシーの予約殺到の電話がひっきりなしという状況

 

大変な混雑が予想されますが、皆さん無事に会社あるいは学校に、
たどり着くことができたのでしょうか?

 

他に東京都大島町(伊豆大島)で川があふれ、
住宅3棟が倒壊・1棟が半壊したとの情報が。

 

台風26号の接近に伴い、避難指示や勧告が出されている自治体もあるそうなので、
危ないと思ったらすぐに避難が必要ですね。

 

 

2013米軍進路予想は?

台風26号2013 米軍進路予想 画像

米軍が発表している進路予想図を見てみると
千葉県の房総半島を通過するルートになっています。

 

まさに日本がすっぽり覆われてしまうような進路ですね。

 

15日の深夜3時頃に静岡県沖、16日の午前中には関東近郊を通過するとあるので、
まさしく予想通りでしょう。

 

台風が過ぎ去っても吹き返しや、
竜巻が発生する恐れがあるので注意が必要ですね。

 

今後の気象庁からの呼びかけにも
こまめにチェックをしていていただき十分に警戒をお願いいたします。

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ