spec(スペック)零あらすじネタバレ!キャストに中谷美紀!?

2013年10月19日 | カテゴリー:ドラマ・テレビ番組

spec零 画像

あのspecシリーズの最終エピソードとなる映画
「spec~結~」の公開に合わせて、

スペシャルドラマ
「spec~零~」が放送されます!

今回は、このドラマのあらすじやキャストについて調べてみました。

 

 

spec零とは?

「spec~零~」は、
10月23日に放送されるスペシャルドラマです。

 

シリーズの完結篇「劇場版 spec~結~」の
公開に合わせたオンエアに向けて
2012年の12月から撮影が始まっていたという大作になっています。

 

ドラマなのに約一年も前に撮影を始めるというのはすごいですよね!

 

このドラマの内容は、以前の連続ドラマ
spec~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
過去のエピソードとなっています。

 

当麻紗綾の左手に隠された過去や、
その原因になったニノマエとの戦いなどが描かれるようですね。

 

気になっていた謎も解き明かされそうで楽しみです!

 

 

 

あらすじネタバレ!

spec零 画像

こちらのあらすじを、少しネタバレを含めて紹介してみますね。
ネタバレ注意でお願いします

 

2003年、オーストラリア上空で
「ファティマ第三の予言研究学会」
というグループが航空機爆破事件を起こします。

 

乗客乗員全員が亡くなったこの事件の被害者の中には
女子高生の当麻紗綾の弟、陽太も含まれていました。

 

悲しみにくれる当麻は、訪れてきた近藤刑事から
「スペックを持つ者たちに消されたのでは」
と告げられます。

 

初めて耳にした「スペック」という言葉を
胸に留めた当麻は6年後、
刑事として公安部公安第五課未詳事件特別対策係に着任しました。

 

当麻と野々村係長が連続不審死事件を捜査していたある日、
その姿を見たニノマエは、当麻を消すために仕掛けてきます。

 

ニノマエの正体は陽太だったのですが
地居の記憶操作能力によって記憶を消され、
当麻は家族を手にかけた犯人だという嘘の過去を刷り込まれていたのでした。

 

当麻とニノマエの争いが続く中、
真帆という少女が巻き込まれてしまうのですが
当麻は真帆を救うためスペックを発動させることになり…

 

というストーリーになるようです。

 

謎の少女・真帆が、事件の鍵を握っているような感じがしますね!

 

 

キャストと中谷美紀さんについて

spec 画像

今作のキャストについても調べてみました。

 

当麻紗綾(とうまさや)役の
戸田恵梨香さん

 

瀬文焚流(せぶみたける)役の
加瀬亮さん

 

一十一(にのまえじゅういち)役の
神木隆之介さん

 

地居聖(ちいさとし)役の
城田優さんなど

おなじみのレギュラーメンバーに加えて、

 

spec零 向井理 大島優子 画像

 

白い男役の向井理さんや
白い女役の大島優子さんなどの登場も楽しみですね。

 

さらに今作には

spec零 川島海荷 南野陽子 画像

 

上野真帆(うえのまほ)役に
川島海荷さんや

 

その母親の上野サキ役には
南野陽子さんも出演します!

 

上野真帆は、当麻の左手に関わる
重要人物ということなので、ますます注目ですね。

 

さらに、この上野真帆というのが
スケ番刑事に憧れた少女」というキャラクターなんだそうです。

 

スケバン刑事の麻宮サキ役で大ヒットを飛ばした
南野陽子さんとの絡みが楽しみですよね!

 

そしてもうひとつ、話題になっているのが
中谷美紀さんの出演についての噂です。

 

ケイゾク 中谷美紀 画像

 

このドラマは、中谷さん主演のドラマ
「ケイゾク」の世界と、リンクしている部分があり
どちらも堤幸彦さんが監督を務めていますよね。

 

~零~には、中谷さんが演じた柴田純が関わるエピソードも含まれるため
中谷美紀さん出演!?
と期待されていたようです。

 

しかし残念ながら、中谷さんの登場は発表されていません。

 

今回ケイゾクのほうからは、
徳井優さんが演じる近藤刑事が出張出演するようですね。

 

近藤刑事も、当麻にスペックホルダーの存在を知らせる
かなり重要な役割となっているので、こちらも要注目です!

 

劇場版の公開に向けて、
テンションがあがっているファンにとっては見逃せない内容となる今作。

オンエアを期待して待ちましょう!

 

劇場版spec~結~についてはこちらをご覧ください

spec結!映画あらすじネタバレ!結末は!?DVDの発売日は?

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ