spec結!映画あらすじネタバレ!結末は!?DVDの発売日は?

2013年10月19日 | カテゴリー:映画

spec結 画像

TBSの大ヒットドラマ「spec」シリーズのラストとなる映画
「spec~結~」がこの秋公開になります。

前編後編の二部作品となる今作の
気になる内容などについて調べてみました!

 

 

spec結とは?

spec結 画像

「劇場版 spec~結~」は、2部構成の作品となっています。

 

前篇である「漸ノ篇(ぜんのへん)」は11月1日に、
後篇の「爻ノ篇(こうのへん)」は11月29日に公開されます。

 

人気のTBSテレビドラマ
「spec~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」
の劇場版となっていて、

 

前作の映画「劇場版 spec~天~」に続く二作目の劇場版であり、
待ちに待った完結篇となります。

 

 

 

あらすじネタバレ

spec結 白い男 画像

いよいよシリーズ完結となる今作は、どんな内容になるのでしょうか?

 

前作の「劇場版spec~天~」に登場した
向井理さん演じる謎の白い男・セカイがキーとなってきそうですよね。

 

しかし完結編は、関係者の一部の人にだけしか台本が用意されず、
ストーリーなども全て極秘に制作が進められたんだそうです。

 

出演者ですらストーリーを知らされていないとは驚きですね!

 

どこにも情報が出ていない状態ですが、
ネット上に散らばった内容予想をまとめてみました。
一応ネタバレ注意でお願いします

 

 

ファンの意見を総合すると、メインの内容としては

 

シンプルプラン
ファティマ第三の予言
白い男の正体
の三つの謎が解き明かされるのでは?と予想されています。

 

 

また、当麻と瀬文だけではなく
全人類の運命がかかったラスト」となっているようなので、
もしかしたらさらに大きなエピソードも絡んでくるかもしれませんね。

 

 

ラストについて!

spec結 画像

そんな謎だらけの今作ですが、シリーズの締めくくりとなるラストは
一体どうなるのでしょうか?

 

こちらもネット上でのファンの予想を調べてみました。
ネタバレも含みますので注意してください

 

 

まず、「ソロモンの鍵」という
時の流れをさかのぼれるスペックがあるのではないか?
との予想が目につきました。

 

これは、「spec~天~」の白い服の男の言葉から立てた
仮説になりますね。

 

ソロモンの鍵のスペックホルダーを当麻が召還し、
「spec~天~」のラストで描かれた2014年からタイムスリップするのでは?
というラスト予想もありました。

 

タイムスリップとなれば、
全人類の運命を左右するラスト」に当てはまりますし
可能性はゼロではないでしょう。

 

若干こじつけのような気もしますが、
こうでもしないと繋がらないほど複雑になってきていますよね…。

 

やはり皆そう感じているようで、

 

どんな結末になるかって言うよりも
きちんと終われるのかどうかの方が気になる

 

皆さんが想像してください…とか、
色々な解釈があります…とか、ボンヤリとしたラストになったらガッカリ

 

すでに回収しきれてない伏線が多すぎる。せめて全部回収してくれ

 

と、締めくくりを不安に思うファンがかなり多かったです。
どうか、最後にふさわしい綺麗なエンディングを用意して欲しいですよね!

 

前篇が公開されれば、ラストのヒントも見えてくるかもしれません。

 

 

DVD発売日は?

DVDの発売は、
通常映画公開から3ヶ月から6ヶ月ほど後だと言われています。

 

こちらの公式発表はまだですが、おそらく
2014年の1月下旬から5月上旬の間になるのでは?と予想できます。

 

前編と後編の公開日がすぐ続くので、
もしかしたら2本同時発売という可能性もあるかもしれませんね!

 

内容が複雑になってきている上、キャストも豪華なので
DVDの販売数もかなり期待できそうです!

 

まずは映画の公開が先ですので、
公式情報が出るまで気長に待ちましょう。

 

いよいよ11月1日には前篇が公開となる「spec~結~」。

どんな内容になるのか、シリーズはどう締めくくられるのか、今から楽しみですね!

 

spec零についてはこちらの記事をどうぞ

spec(スペック)零あらすじネタバレ!キャストに中谷美紀!?

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ