台風28号2013米軍進路予想!気象庁最新情報は?九州に被害?

2013年10月22日 | カテゴリー:ニュース

台風28号 米軍進路予想 画像

先日台風26号が過ぎ去ったと思ったら、次は台風27号。

さらに台風28号までも発生し、日本に向かっています!

相次ぐ台風に被害が拡大しないためにも、
台風28号の米軍進路予想や気象庁からの最新情報を調べてみました。

 

 

台風28号2013年米軍進路予想!

台風28号が発生したのは20日の深夜3時頃~10時頃。

 

台風27号の進路が心配で天気予報をチェックしていたら、
台風28号も発生という情報を知った方も多いのではないでしょうか?

 

台風27号に続き、台風28号も日本直撃となると
さらに警戒が必要となりますね。

 

米軍進路予想を見てみると…

 

台風28号 米軍進路予想 画像

 

台風28号は南海上で発生後、
日本の本州に向かって北西にまっすぐと進むようです。

 

伊豆大島の近くを通る進路となっていますね。

 

 

気象庁最新情報は?九州に被害?

台風28号について気象庁からの最新情報によると…

 

台風28号 気象庁 画像

 

現在台風28号はマーシャル諸島付近に位置し、
北西の方向へ進んでいるとのこと。

 

24日15時頃には小笠原近海に達する見込みだそうです。

 

時速は10キロ。
最大風速は25メートル。

 

勢力は27号ほどではないにしても、進む速さはゆっくりですね。

 

台風28号が発生したことで台風27号の進路に
影響が出てくると言われている今回の台風。

 

台風27号は24日には南大東島付近に達するらしく、
そのまま北上して九州全体に大雨や強風といった被害をもたらしそうです。

 

そしてこの二つの台風が1000キロ以内に接近してしまうと、
お互いの風の影響で台風の進路が全く予想できない状態になる
藤原の効果」と言われる現象が。

 

進路が予想できないなんて、とても不安です。

 

テレビなどでの情報によると台風が一つの時よりも
長期間で日本列島周辺に停滞する恐れがあり、

 

二つの台風が日本に急接近してくる
24日・25日・26日が最も警戒するべき日になるでしょう。

 

すでに避難勧告が出されている地域もあるそうなので、
行政の指示に従うか、もしくは自ら危険だと感じたら
早め早めの避難をお願いいたします。

 

今後二つの台風の影響により、進路も急に変更する可能性もあるので、
こまめに気象庁からの情報チェックも欠かさないことが重要ですね。
27号の情報もあわせてご覧ください
台風27号2013米軍進路予想!気象庁最新情報!北海道はいつ?

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ