札幌ミュンヘンクリスマス市2013感想と口コミ!ホットワイン?

2013年10月28日 | カテゴリー:ニュース

札幌ミュンヘンクリスマス市 画像 

冷え込みの厳しくなってきた北海道ですが
いよいよクリスマスシーズンの到来です。

今回は、札幌のオススメイベント
「ミュンヘンクリスマス市in sapporo」について調べてみました。

 

 

ミュンヘンクリスマス市とは?

札幌ミュンヘンクリスマス市 画像   

ミュンヘンクリスマス市in sapporoは、
北海道札幌市と、ドイツ・ミュンヘン市が
姉妹都市提携30周年を迎えた記念に開催され始めたイベントです。

 

ドイツでは、クリスマス前の4週間のアドヴェントと呼ばれる時期になると
町中でクリスマス市が開催されます。

 

盛大に並ぶクリスマス飾りやお菓子の屋台は
地元の人たちで賑わい、どの家庭でもクリスマスの準備に入るのですね。

 

そのクリスマス市を札幌市で再現したものが
ミュンヘンクリスマス市in sapporo」です。

 

「ミュンヘン」とタイトルになっていますが、
リトアニア、フィンランド、ロシアなど
ヨーロッパ各国の屋台が出店し国際色豊かになるのも
このイベントの楽しいポイントとなっています。

 

日本にいながら、本格的なヨーロッパの伝統行事に
参加できるなんて素敵ですよね!

 

 

2013年の開催について!

札幌ミュンヘンクリスマス市2013 画像

第12回目となる今年の開催日程が発表されました。

 

11月29日(金)から12月24日(火)
時間は11時から21時となっています。

 

会場は、
メイン会場が大通公園2丁目の
「さっぽろホワイトイルミネーション」会場となります。

 

また、札幌駅前通地下歩行空間も
サテライト会場となるようですね。

 

屋台ではキャンドルハウスやツリー、
リースやスノードームなどのクリスマス飾り販売を始め
ソーセージやパイなど、ドイツのグルメが楽しめるお店も登場します。

 

さらにシュトーレンなどの焼き菓子や
ローストアーモンドなどのクリスマススイーツの屋台も出るので
見ごたえ充分になりそうですよ。

 

クリスマス雑貨を探しに行くのも
食べ歩き感覚でグルメ目当てに行くのも、
どちらも楽しそうです!

 

 

ホットワインについて

札幌ミュンヘンクリスマス市 ホットワイン 画像

ドイツやヨーロッパのクリスマスには、
ホットワインが欠かせない飲み物となっているようですね。

 

ホットワインというのは
グリューワイン、グリューヴァインとも呼ばれる
ドイツの伝統的な飲み物です。

 

そのホットワインが、
ミュンヘンクリスマス市in sapporoにも
毎年登場して人気を集めています。

 

ホットワインというと、熱燗にしたワインを想像する人もいるかと思いますが、
これは水で割ってスパイスを入れて熱しているんですね。

 

アルコールはほとんど飛んでいる上に
砂糖やハチミツなども入っているので、
お酒が苦手な人も飲みやすくなっています。

 

フランスの家庭では風邪気味の時なんかにも飲まれているそうなので、
かなり温まりそうですよね。

 

ミュンヘンクリスマス市in sapporoでは、
このホットワインを入れるのにピッタリの
オリジナルマグカップも販売されます。

 

札幌ミュンヘンクリスマス市 マグカップ 画像

 

ホットワイン片手に屋台を巡れば、寒さも和らぎそうです!

 

ちなみに、ノンアルコールホットワインを販売する屋台もあるようなので
運転の方やお子さんにはオススメですよ。

 

 

口コミの感想は?

昨年参加した方たちの感想も調べてみました。

 

フィンランドのサンタさんに会えたり、あっという間に時間が過ぎた

 

可愛いものがいっぱいで、見てて飽きないです。
ムードもいいしデートにオススメ

 

アツアツのビーフシチューに本場ミュンヘンのソーセージ!
スイーツも充実で、お腹いっぱい!

 

カップル、お子さん連れ、友達同士など
どんな相手と行っても楽しめるイベントだったようですね。

 

この機会にホワイトイルミネーションを堪能しながら
クリスマスムードを満喫することができる
「ミュンヘンクリスマス市in sapporo」を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

機会があればこちらも行ってみてはどうですか?
札幌雪まつり2014日程と時間!交通手段と混雑具合は?服装は?

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ