紅白歌合戦2014観覧応募方法は?本人確認が必要?当選倍率は?

2013年10月31日 | カテゴリー:ニュース

紅白歌合戦64回 画像

11月に入り、今年も残すところあとわずかとなりました。
年末といえば楽しみなのが紅白歌合戦ですよね!

今回はNHK紅白歌合戦の観覧応募方法について調べてみました。

 

 

紅白歌合戦2014について!

NHK紅白歌合戦は、第64回となる今年も
例年通りNHKホールで行われます。

 

紅組司会を綾瀬はるかさん

 

綾瀬はるか 2014紅白司会 画像

 

白組司会を
担当することが決まりましたよね。

 

嵐 紅白 画像

 

予想通りとの声が多かったものの、綾瀬さんと嵐となれば
どんな司会をしてくれるのかもやっぱり楽しみですよね!

 

 

観覧応募方法は?

そんな豪華な司会者に加えて、
およそ50組ものアーティストが出演する紅白歌合戦。

 

一度は生で観覧してみたい人も多いのでは?
けれど気になる観覧応募はどの様にしたらいいのでしょうか?

 

調べてみたところ…

 

観覧は入場無料ですが、郵便往復はがきでの事前申込みが必要です。

 

その中から抽選で入場整理券が送られてくるシステムですね。
この整理券では1枚につき2人入場することができます。

 

ちなみに一歳以上から1人とカウントされてしまうので、
お子さんを連れて行きたい方は気をつけてくださいね。

 

なお、応募には条件があって、
受信料をちゃんと支払っている方のみ受付されるそうです。

 

受信料を払わないのに無料の観覧なんて無理な話なので
当たり前ですよね…。

 

応募はがきですが、官製の往復郵便はがきが必要になります。

 

往信用の表面に

【NHKの住所】
〒119-0336
NHK「紅白歌合戦」公開係

を記入します。

 

往信用の裏面には、あなたの

・郵便番号
・住所
・名前
・電話番号
・お客様番号

を書いてくださいね。

 

この「お客様番号」が分からない人は
募集期間中であれば専用フリーダイヤル
0120-222-000にて確認することが出来ます。

 

そして返信用の表面にはあなたの

・郵便番号
・住所
・名前

を記入し、返信用裏面は未記入の状態で投函すれば応募OKです。

 

応募後は、12月前半ごろに入場整理券か落選通知が届きます。

それまでドキドキですね!

 

残念ながら今年は応募の締め切りが来てしまったのですが、
興味を持った方は来年応募してみてはいかがでしょうか?

 

 

当選倍率は?

抽選となれば気になるのは倍率ですよね!

 

国民的行事ゆえものすごい倍率ということもあって、
代々木警察立ち会いのもと厳正な抽選が行われるようです。

 

これまでの詳しい倍率は…

 

2010年(第61回)
応募数759,480通に対し
当選枚数は1300枚で
倍率は578倍でした。

 

2011年(第62回)になるとその数が跳ね上がり、
応募総数 1264,923枚に対し
当選枚数が1234枚で
倍率 1025倍となりました。

 

そして2012年(第63回)では
応募総数が1,172,420通に対し
当選枚数1324枚、
倍率886倍となっています。

 

2011年を境に応募総数が急増していますね。

 

ちょうどスマホが普及しだした頃なので、
皆さん情報収集がしやすかったということでしょうか?

 

このまま今年、来年も倍率が急減することはなさそうですね。

次の司会も連投で嵐となれば、ますます厳しい戦いになりそうです!

 

 

本人確認について!

ここまで倍率が高いと、お金を払って
整理券を譲ってもらう方法を考える方も多いようです。

 

一時期、オークションでは高値取引されたこともあったみたいですね。

 

しかしNHK側は入場整理券の売買を禁止しています。
なので、不正な入場を防ぐために入り口での本人確認があるんですよね。

 

当日の入場時には入場整理券の他に本人確認書類もチェックされます!

 

どんなに頑張ってオークションで落札しても、
本人確認でパスできなければ入場できないということですね。

 

申し込みはがきは何通でも応募可能なので、
お金を使うならハガキ代に回したほうが良さそうです。

 

一人で100通送る方もいるそうなので、
頑張ってハガキを書くしかなさそうです…^^;

 

当選すればきっと一生の思い出になると思いますよ。

 

何も送らないよりは、一通でも送れば夢がひろがりますので、
一か八か送ってみてもいいかも知れませんね!

 

紅白歌合戦2014出演者予想!発表日はいつ?司会にあまちゃん?

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ