ハウステンボスイルミネーション2013-2014期間と入場料は?

2013年11月2日 | カテゴリー:ニュース

ハウステンボスイルミネーション2013-2014 画像

年末が近づき、そろそろイルミネーションの季節がやってまいりました!

ハウステンボスでもまもなく
イルミネーションイベント「光の王国」が始まります。

今回はこちらについて調べてみました。

 

 

ハウステンボスとは?

ハウステンボスは、長崎県佐世保市にある、オランダのテーマパークです。

 

重厚なヨーロッパ建築や、美しい庭園などは
多くの映画やCMのロケ地にもなっていますね。

 

ちなみに「ハウステンボス」というのは佐世保市の町名のひとつなんだそうですよ。

 

調べてみたら所在地は
佐世保市ハウステンボス町1-1」になっていました!

 

知らない人も結構いるのではないでしょうか?

 

 

イルミネーションについて!

ハウステンボスイルミネーション2013-2014 画像

そんなハウステンボスでは、毎年
光の王国」と呼ばれるイルミネーションイベントを開催しています。

 

1000万球の灯りを使用した壮大なスケールは、世界一とも言われているんですね。

 

昨年2012年から2013年にかけての開催でも、
Yahoo!イルミネーションランキングで第1位を獲得しています。

 

実はこちら、ミッドタウンや西武園ゆうえんちなどを抑え
三年間連続1位を記録しているというから驚きですよね。

 

とにかく電飾のボリュームとスケールが圧倒的だということで、
ファンの心を掴んだのではないでしょうか。

 

今年は特に人気の高い「光のアートガーデン」に加え、
光の花畑」と「光のコンペティション
の二つが新登場したということなので、こちらも必見です。

 

さらに今年、三つの新たな試みも盛り込まれることになります。

 

一つ目は
ドムトールン・スーパーカラーデコレーション」です。

 

こちらはハウステンボスのシンボルタワーのドムトールン(教会塔)を
フルカラーLEDでライトアップするとのこと。

 

105mの教会がカラフルに彩られるというのは、
ハウステンボスならではなんじゃないでしょうか。

 

そして二つ目は
TFMスーパーイルミネーションショー 3D」になります。

 

こちらは3Dマッピングという最新技術を使い、
音と光に合わせてなんと、街が踊るんだそうです。

 

ここまでの規模の3Dマッピングのイルミは
滅多にお目にかかれないでしょう!

 

そして三つ目の「リンクファンタジア」は、
スケートリンクをモチーフとしたイルミネーションです。

 

こちらも新技術
「インタラクティブマッピング」が使用されているんだとか。

 

インタラクティブマッピングというのは、
まるで光が生き物のように人間の動きについて来る超最新技術だそうです。

 

未知の世界を体験できそうで、期待が高まりますね!

 

 

期間と入場料は?

ハウステンボスイルミネーション2013-2014 画像

光の王国2013は

 

2013年11月2日(土)から
2014年3月30日(日)までの開催となります。

 

光の王国を鑑賞するためのチケットなどは不要ですが
ハウステンボスのパスポートは必要になります。

 

1dayパスポートであれば
大人5900円
中人4700円
小人3500円
シニア5400円
入場とパスポート対象有料施設の1日利用が可能です。

 

日中はアトラクションを楽しみ、
夜になったら同じ場所で世界一のイルミが楽しめるとは
かなり充実感がありますよね!

 

ハウステンボスイルミネーション2013-2014点灯時間と感想!
(点灯時間や口コミ感想についてはこちらをご覧ください↑)

 

新しい試みが盛り込まれ、
ますます話題になりそうなハウステンボスの光の王国。

 

3月30日まで開催していますので、気になった方は
足を運んでみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ