映画JUDGE(ジャッジ)ラストネタバレと感想!漫画の結末は?

2013年11月10日 | カテゴリー:映画

JUDGE ジャッジ 画像

瀬戸康史さんと有村架純さんの出演する映画
「JUDGE」が公開され話題を呼んでいます。

今回は映画「JUDGE」について、
ネタバレ含めてまとめてみました。

 

 

JUDGEとは?

JUDGE ジャッジ 画像

JUDGEは「月刊少年ガンガン」で2012年まで連載されていた
外海(とのがい)良基さんのスリラー漫画です。

 

単行本も第6巻まで発行されていて、
累計発行部数は160万部という人気作品なんですね。

 

この物語を、瀬戸康史さん、有村架純さん、佐藤二朗さんら
7名のキャストで演じます。

 

ストーリーの舞台は、とある古い裁判所。

 

七つの大罪になぞらえて集められた7人は
頭には動物のマスク、手には毒薬を仕込んだ手錠をつけられます。

 

決して出ることのできない閉ざされた空間で始まったのは
生き残りをかけた裁判ゲームでした。

 

自分が生き残るためには誰かをいけにえに捧げなければなりません。

 

犠牲者は多数決で決められ、最後の4人になるまでゲームは続きます。

 

投票時に、生存者全員が揃っていなければ
参加者全員の命はないため逃げることも許されない状況です。

 

制限時間までに素性を探り合い、より罪の重い
「消されるべき者」を選んで行くというストーリーになっています。

 

原作では9人だったところを7人に変え
さらに登場人物の設定も違ってくるようなので、楽しみですよね!

 

 

漫画のラストネタバレ

JUDGE ジャッジ 漫画 画像

気になる結末についても調べてみました。

 

こちら原作コミックはすでに完結しているので
そちらをネタバレしてみますね。

重要なネタバレを含みますので注意してください

 

 

 

全ての黒幕は主人公ヒロと兄の恋人だった光です。

 

ヒロの兄が亡くなった事件で、
加害者側の買収の結果懲役5年執行猶予付き
という判決が下ったことが許せなかったヒロ。

 

滝沢の父親を犯人に仕立て上げ、あの世へ葬ります。

 

全てのジャッジ終了と共に、生き残ったのは
主人公、光、理奈と理奈の母の四人でした。

 

外に出る四人でしたが、そこでヒロは
光に飲まされた毒がまわり倒れてしまいます。

 

光は、兄の事故はヒロが待ち合わせ時間を変えたことが
原因と知っていたため、最初からヒロを狙う計画だったのです。

 

苦しみながら息絶えるヒロの顔を見て
うさぎはね、嫉妬深いんだよ
とつぶやきエンディングとなりました。

 

映画では、登場人物も原作と若干違ってくるため
黒幕とエンディングについても変えてある可能性も高いですよね。

こちらも目が離せません!

 

 

感想は?

実際、劇場に行った方の感想はどうだったのでしょうか?

 

調べてみたところ、残念ながら
少し物足りない」という声が目立ちました。

 

ルールがシンプルなわりに
頭脳戦心理戦の描き方が浅いので物足りなさは残ります

 

原作よりも人数が減った分、
踏み込んで頭脳戦が描けそうな気もしますが
難しかったのでしょうか?

 

それから、こんな意見もありました。

 

瀬戸康史、有村架純、佐藤二朗以外は無名のキャスト。
消される順番が予想通りでひねりが欲しかった

 

確かに、瀬戸さんや有村さんが生き残るのは
予想できてしまいます…。

 

このあたりは、サバイバルをテーマとする作品の難しいところですね。

 

それでも、原作読者は大まかなあらすじを知った上で観るので
多少のネタバレは気にならないのではないでしょうか?

 

レビューを見る限り、上記のような辛口コメントばかりでしたが
星の数は低くはなかったのでディープなスリラーファンでなければ
物足りないこともないのかもしれません。

 

有村さんの可愛さが際立ったという声もあったので、
そちらも楽しみにしましょう。

 

まだまだ公開したばかりの「JUDGE」、
気になった方は劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ