ももちブルーライトクリスマス2013期間と時間!混雑と感想は?

2013年11月13日 | カテゴリー:ニュース

ももちブルーライトクリスマス 画像

一段と寒さが増して、イルミネーションの季節となってきました。

福岡でも毎年恒例の人気イベント
「ももちブルーライトクリスマス」が開催されます。

今回は、この「ももちブルーライトクリスマス」について
調べてまとめてみました!

 

 

ももちブルーライトクリスマスとは?

ももちブルーライトクリスマス 福岡タワー 画像

ももちブルーライトクリスマスとは、
福岡タワーのライトアップをメインとしたイルミネーションイベントです。

 

高さ234mの福岡タワーが、巨大ツリーとして灯される様は
迫力満点でクリスマスシーズンの福岡の名物となっています。

 

2013年の今年は、なんと25年ぶりに全面リニューアルした
福岡タワーイルミネーションが見られるんですね。

 

リニューアルによりフルカラーLEDとなったことで、
より鮮やかで繊細な光のツリーが再現されます。

 

さらに、このLEDは福岡タワー専用に作られたものみたいですよ。

 

周辺の広場や施設にも、壮大な電飾が灯され
そのLED総数はおよそ12万球に及びます。

 

ブルーで統一された幻想的な明かりは、
冬の街にロマンティックに映えそうですね!

 

ちなみに、二万円の旅行券やホテル宿泊券など、
素敵なプレゼントが当たる
クリスマスフォトコンテスト」も同時開催されます。

 

カメラを片手に鑑賞というのもいいかもしれませんね!

 

 

2013年の開催は?

今年の開催詳細について調べてみました。

 

開催期間は11月15日(金)から12月25日(水)までになります。

 

点灯時間は17時から23時の間ですが、
12月23、24、25日のラスト3日間は
24時まで点灯が延長されるみたいですね。

 

福岡タワーとその周辺一帯が会場となり
観覧料金は無料になります。

 

新しいLED12万個の明かりを見に、
福岡タワーに出かけてみてはどうでしょうか?

 

 

混雑について

どのくらいの混雑になるのかも気になるところですよね。

 

昨年2012年の人出は約10万人だったみたいです。

 

今年は全面リニューアルしていますから、
去年よりも客足が伸びそうですね。

 

行った方の声によれば、
駐車場は周囲のコインパーキングを探すのが賢明なようです。

 

高速出口から3分ほどの位置なので、
パーキング自体も少なくないようですし
会場へ乗り付けるよりも動きやそうですね。

 

また、JR博多駅から行かれる方はバスを使った方が良さそうです。

 

博多駅から会場最寄りの福岡タワー南口までは25分、
バス停からは徒歩2分の距離なので
駐車場探しで渋滞にハマるよりは良さそうですね。

 

 

感想クチコミ!

ももちブルーライトクリスマス 画像
最後に昨年度会場を訪れた方の声を集めてみました。

 

マリノアのバーゲンに行った帰りに寄りました。
ブルーがとっても綺麗でしたよ

 

やっぱりブルーのイルミは最高やね。
寒くても写真撮りに行く価値ある

 

毎年ツリー型のイルミでまたか(笑)と思わなくもないけど、
福岡の冬の風物詩ってことで

 

風物詩とまで言われる福岡の冬の象徴、
全面リニューアルの今年はどんな姿に生まれ変わるのでしょうか?
要注目ですね!

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ