宇宙兄弟の最新刊23巻24巻の発売日は?シャロンの名言は!?

2013年11月14日 | カテゴリー:アニメ・漫画

宇宙兄弟 画像

宇宙飛行士を目指す兄弟の成長を描いた漫画「宇宙兄弟」。

2012年4月からはアニメ放送がスタートし、
その翌月5月には実写映画も公開されましたね。

そんな漫画「宇宙兄弟」の最新刊発売日の予想や、
作品中の名言集などについてまとめてみました。

 

 

「宇宙兄弟」の内容は?

宇宙兄弟 画像

小山宙哉さんが描く漫画「宇宙兄弟」は
2008年から漫画雑誌「モーニング」にて好評連載中です。

 

物語の内容はというと…

 

2006年7月9日。

 

謎のUFOを見たことがきっかけで
「一緒に宇宙飛行士になろう」と誓った兄・南波六太と弟・日々人。

 

それから19年の時は過ぎ、2025年。

 

夢をかなえ宇宙飛行士になった日々人とは反対に、
会社を解雇され悶々とした毎日を送る六太。

 

ある日、六太のもとにJAXAから、
宇宙飛行士選抜の書類審査通過通知が配送されてきて…。

 

実はこれは日々人が六太に内緒で応募したもの。

 

一緒に宇宙を目指す夢をあきらめない日々人からの
粋なプレゼントだったみたいですね。

 

そんな日々人の熱い思いが通じ、
再び宇宙飛行士になるという決意をする六太。

 

いろんな厳しい訓練や試験を受けた六太は、
2027年に念願の宇宙飛行士に認定されます。

 

一方、日本人で初めてとなる、
月面歩行者として歴史に刻まれることができた日々人は
月での任務中に事故に遭ってしまい…。

 

無事救いだされるも、パニック障害を患ってしまいます。

 

パニック障害の克服訓練を始めるも克服できず
NASAに連れ戻されて、閑職に追いこまれてしまった日々人。

 

しかし、再び宇宙を目指したいという気持ちで
ひそかにリハビリを続けていた日々人は水中訓練の試験にいどむ。

 

そして、クルーのおかげで見事パニック障害を克服することができます。

 

六太も月での任務参加が認められ、
変わった仲間たちと共に訓練をはじめていき…。

 

と、簡単にあらすじを説明するとこんな感じですね。

 

 

最新刊23巻24巻発売日は?

いろんな障害を乗り越えながら、
夢を追い続ける兄弟の姿が見どころの
漫画「宇宙兄弟」は現在22巻まで発売されており、

 

気になる最新刊23巻の発売日はというと…

 

情報によると、
2014年2月24日頃の発売予想だそうですよ。

 

22巻が10月23日発売だったので、約4ヶ月ぶりですね。

 

今までを振り返るとだいたい
3ヶ月~4ヶ月ぐらいのペースで発売されているので

 

その次の24巻もおそらく
2014年5月か6月頃の発売ではないでしょうか?

 

続きがとても待ち遠しいですね。

 

 

シャロンの名言は!?

2011年に
第56回小学館漫画賞一般向け部門」
第35回講談社漫画賞一般部門
このマンガがすごい!オトコ編」で2位を
それぞれ受賞した漫画「宇宙兄弟」。

 

その人気のヒミツとは…?

 

宇宙兄弟 シャロン 画像

 

実は物語に出てくる登場人物シャロンという女性。
彼女の名言に感動するファンも多いとのこと。

 

さっそくシャロンの名言をまとめてみると…

 

迷った時はね、どっちが正しいかなんか考えちゃダメ。
どっちが楽しいかで決めなさい

 

最初の動機は好奇心だったり、憧れだったり、
入り口は夢見る少年少女よ。悩むなら、なってから悩みなさい

 

音を出さなきゃ、音楽は始まらないのよ

 

It‘s a piece of cake
(直訳はケーキの切れ分。本当の意味は楽勝だそうですよ)

などなど。

 

どうでしたか?

 

特に最後の英文は六太が自暴自棄になった時のこと。

外国の友人によく使いそうだという理由で、
役にもたたないダメ人間です」という意味の言葉を
シャロンに尋ねたところ、この英文が返ってきたそうです。

 

物語の中でもこの言葉はたびたび使われているそうなので、
前向きになれる重要ワードですね。

 

壁にぶつかったとしてもずっと言い続けていれば、
本当に「楽勝」になること間違いなし!?

 

シャロン以外にも数々の名言がぎっしりの漫画「宇宙兄弟」。

 

落ち込んだ時はもちろんのこと、そうでない時でも
読んでみると元気をもらえるかもしれませんね♪

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ