僕のいた時間あらすじネタバレ!原作や主題歌は?ロケ地はどこ?

2013年11月19日 | カテゴリー:ドラマ・テレビ番組

僕のいた時間 三浦春馬 画像

三浦春馬さん主演のドラマ「僕のいた時間」が
来春からスタートするということで話題を呼んでいます。

今回はこちらのドラマについて、
調べてまとめてみました!

 

 

僕のいた時間とは?

「僕のいた時間」は、
来年1月から放送予定のドラマになります。

 

主演を務めるのは、フジテレビ系列では
連ドラ初主演となる三浦春馬さんです。

 

三浦さん演じる澤田拓人は、筋肉が徐々に衰えていく病気
「ALS」を抱えた青年という役どころなんですね。

 

ALSは、進行すると最終的には
人工呼吸器が手放せなくなってしまう難病なんだそうです。

 

重いテーマで、シリアスな内容になりそうですね。

 

そんな今作の共演者は豪華な顔ぶれが発表されました。

 

僕のいた時間 キャスト 画像

 

拓人の大学の同級生、
本郷恵役は多部未華子さん

 

拓人の兄貴的存在の先輩、
向井繁之役は斎藤工さん

 

恵の友達の
村山陽菜役は山本美月さん

 

が演じられるとのことです。

 

斎藤さんは実年齢よりも8歳下の役ということなのですが
どんな風に役作りされたのかも気になりますね。

 

さらに、

 

拓人の主治医役には吹越満さん
恵の母親役には浅田美代子さん
拓人の母親役に原田美枝子さんが決まっています。

 

難病を抱える息子を持つ母親というのは
難しい役どころになりそうですが
原田さんなら充分に演じきってくれそうです!

 

 

あらすじネタバレ!

さて、どんなストーリーになるのかも気になりますよね。
あらすじをネタバレしてみましょう。

一応本編のネタバレ注意でお願いいたします

 

生きる目的を漠然としか考えずにいる
就職活動中の大学生・澤田拓人。

 

幼い頃から医者になることを期待されながら
中規模総合病院の院長の家庭に育ちました。

 

しかし中学生になる頃、
両親の期待は4歳下の弟に向けられるようになります。

 

異性からモテて、
女性とすぐに仲良くなることを得意とする拓人。

 

けれど本当は愛される自信がなく、
誰かと深く関わることを避けてきました。

 

そんな拓人が自分の余命を知り、
残された人生を模索していくという物語です。

 

余命を意識した時、拓人がどんな風に変わっていくのかを描いた
ヒューマンドラマとなるようですよ。

 

三浦さんの演じる、等身大の若者・拓人が楽しみですね!

 

 

原作は?

こちらの作品は原作はなく、
完全オリジナルストーリーとなるようです。

 

脚本を手がけるのは橋部敦子さんになります。

 

橋部さんは、草なぎ剛さん主演の「僕の生きる道」シリーズや、
二宮和也さん主演の「フリーター、家を買う。」など
ヒューマンドラマでヒットを飛ばして来られました。

 

橋部さんが描く、主人公や仲間たちのリアルな葛藤も
今作の見どころのひとつとなりそうですよ。

 

 

主題歌は?

気になる主題歌についても調べてみましたが、
まだ何も情報がありませんでした…。

 

ネット上の意見を見てみると、
「ミスチル」を希望する声が多かったです。

 

ストーリーやキャストの雰囲気にもマッチしそうなので
ありえるような気もしますね。

 

こちらは公式情報が発表されるのを待ちましょう!

 

追記

主題歌は女性シンガー・ソングライターの
Rihwa」さんが歌う「春風」という曲に決定しました。

 

 

三浦さんが以前出演された、ドラマ「ラストシンデレラ」でも
Rihwaさんが主題歌を担当されていたので
今回で二度目の共演となりますね。

 

 

ロケ地について!

ロケ地についても、
やはり残念ながらまだ情報がないみたいですね。

 

日常を描いたドラマということなので
舞台は大学のキャンパスや自宅、
後半は病院のシーンがメインとなりそうです。

 

となると、都内や関東近郊となる可能性が高そうですね。

 

大学のシーンはどこかのキャンパスを借りるとなると、
Twitterなどで三浦さんの目撃情報が飛び交いそうな気もします。

 

気になる方は、今後その辺りをチェックしてみるのも
いいかもしれませんね!

 

追記

井の頭公園などで目撃情報があるみたいなので、
やはり東京都内関東近郊でロケをしている可能性が高いと思われます。

 

 

「僕のいた時間」は、
来年2014年の1月から毎週水曜日10:00からの放送となります。

オンエアを楽しみに待ちましょう!

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ