プピポーの正体とは?アニメ声優は誰?漫画の結末ネタバレ!

2013年11月22日 | カテゴリー:アニメ・漫画

プピポー 画像

押切蓮介さんによる
ハートフルホラーコメディ漫画「プピポー!」。

WEBコミック「COMICメテオ」で
無料配信されていましたがついにテレビアニメ化決定!

ということで、声優やプピポーの正体などなど
気になる話題を調べてみました。

 

 

アニメ声優は誰?

「妖怪雀荘」や「ドヒー!おばけが僕をぺんぺん殴る!」に
初登場してからというもの、

 

「でろでろ」「ぼくと姉とオバケたち」などの作品ポスターに
ひっそりと登場していた「プピポー」。

 

それでプピポーって一体なに?と気になるので、
漫画の内容を簡単に説明すると…

 

生まれつき人には見えないモノが見えてしまう体質の
姫路若葉(ひめじ わかば)。

 

本作の主人公です。

 

そのため家族やクラスメイトと
馴染めない日々を送っていた若葉は、
道端で「プピポー!」と叫ぶ、謎の生物を発見!

 

外見はピンク色でフカフカした手触りのその生物、
これこそがプピポーなのです。

 

「ポーちゃん」という名前のその生物は不思議な力を持っており、
若葉はポーちゃんとの出会いで日常に変化が。

 

オカルト好きのあーちゃんという友達もでき、
徐々に笑顔を取り戻すことができた若葉。

 

そんな中、同じ能力で悩んでいる少年・結城が現れ、
その苦しみを誰よりも知っている若葉は
結城を助けるため動き出します…。

 

地味に人気を出していたキャラクター「プピポー!」が、
準主役に抜擢された漫画になりますね。

 

アニメ「プピポー!」は
テレビ東京で12月20日からショートアニメ枠で放送決定!

 

気になる声優キャストはこちら↓

 

姫路若葉…佐々木詩帆さん
ポーちゃん…森千早都さん
東礼子(あーちゃん)…後藤麻衣さん
結城直哉…大塚琴美さん
雨山良平…伊藤節生さん
園田美代理…大久保英恵さん
若葉パパ…藤原啓治さん
若葉ママ…みさおさん
爆散先生…宮澤正さん などなど。

 

 

プピポーの正体とは?漫画の結末ネタバレ!

漫画「プピポー!」はコミック3巻まで発刊されており、
ついにプピポーの正体が明かされてしまうそうなのですが…

 

漫画の結末ネタバレはというと…
ネタバレになりますので充分ご注意ください

 

 

プピポー 画像

さきほどでも少し紹介した
若葉と同じ霊感能力で苦しんでいる少年・結城。

 

ポーちゃんによってその能力を捨てられるという
「亡失の最果て」に向かうことになった若葉たち。

 

なんやかんやで親友のあーちゃん、
雨山と美代理も巻き込んでの
旅となるのですが、さっそく全員はぐれてしまいます(汗)

 

まずは結城と雨山の2人は目覚めると野原のような場所へ。
ヤギに似た狂暴な動物に襲われるも、
両手が羽になっている少女・ハルに救われます。

 

結城と雨山はハルに頼りながら若葉たちを探し出すことになり…

 

一方、怪しげな集団につかまってしまったあーちゃんと美代理。
この集団はここの王である
アマナス・ドン・ペスカトーレという男の部下たち。

 

アマナスは自分の都合のよい者に生まれ変われるよう
「転生の泉」を使って
あーちゃんと美代理を16歳の妻にしようとたくらみます。

 

必死に抵抗する2人。
果たして、2人は無事に逃げ切れることができるのか?

 

そしてこちらも怪しげな生物に囲まれている
若葉とポーちゃん。

 

通りすがりの動く正義漢・動く岩としゃべるカエルに救われた2人は、
みんなを探すため、動く岩とカエルの案内で「転生の泉」へと向かいます。

 

と、ここでカエルが問題発言!

 

ポーちゃんのことを
哀れで本当にかわいそうな奴だ」と話し、
この世界に来たらその正体を知ることになり…
そうなると一緒に過ごすことは出来なくなる…」と。

 

ついにポーちゃんの正体が明らかにされるという結末になりますが、
一体その正体は何なのか?

 

流れ的にちょいちょいポーちゃんの正体がわかるらしく、
最終的には別れ&再開の約束をするので
この生まれ変わることのできる「転生の泉」がカギになるのかも?

 

あまりネタバレをしすぎると
面白さが無くなってしまうのでここまでにしておきますが、
正体を知りたい方は是非コミックをご覧ください!

 

コミックとアニメの両方で楽しむことのできる「プピポー!」。
ポーちゃんの正体が知りたい方は絶対に見逃せませんね!

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

ハイスコアガール最新刊5巻の発売日は?アニメ化はいつ?感想は?

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ