寄生獣が実写化!キャストとあらすじネタバレ!漫画の結末は!?

2013年11月23日 | カテゴリー:映画

寄生獣 画像

岩明均さんが描いたベストセラーSF漫画「寄生獣」。

1990年代、月刊アフタヌーンにて連載、
累計発行部数は1100万部部を超え、
現在までに多くのファンを獲得した本作。

連載終了後から約20年の時を経て、
実写映画化が決定した本作についてご紹介していきます!

 

 

「寄生獣」が実写映画化!キャスト紹介!

SF漫画の金字塔と言っても過言ではない、
漫画「寄生獣」。

 

実写化不可能と言われた本作の映画化についての情報を
まとめてみましたよ!

 

まず、映画のスタッフは…

 

監督は、日本のVFXの第一人者とも言え、
「ALWAYS 三丁目の夕日」を手がけた、
山崎貴さん。

 

脚本は、「ALWAYS 三丁目の夕日」、
「リーガル・ハイ」などを執筆した、
古沢良太さん。

 

続いて、本作のキャスト陣は…

 

寄生獣 映画 キャスト 画像

 

主人公・泉新一役に、「ヒミズ」にてヴェネチア国際映画祭で
新人俳優賞を日本人にして初めて受賞した、
染谷将太さん。

 

パラサイト・田宮良子役に、数々のドラマや映画に出演し、
様々な役をこなす演技派の人気女優、
深津絵里さん。

 

新一に思いを寄せる村野里美役に、
朝ドラ「あまちゃん」での演技が記憶に新しい、
橋本愛さん。

 

このようなスタッフとキャストで送る、
実写映画「寄生獣」は、
Part1が2014年12月、Part2が2015年に公開予定です。

 

素晴らしい原作に相応しいスタッフと、
フレッシュなキャストによって実現した今回の映画化については
かなりの反響が出ている模様。

 

ネットでは

 

実写じゃあの雰囲気は出ないだろ

まあアニメでまずやるべきだよな

ハリウッドじゃなくて邦画かよ

ミギーがどんな風になるのか楽しみwww

冒頭のシーンの出来で映画のクオリティが決まる

 

などなど、賛成・反対ありながらも大反響となっています。

 

原作ものに関しては、賛否両論あるのは当然のことですが、
これだけの人気作品になると、やはり話題性が凄まじいですね。

 

個人的には、爽やかな深津さんがパラサイト・田宮を演じることで、
猟奇的な要素と母性の両面が際立つことになるんじゃないかと思います。

 

そして我らがミギーは、ファンの間ではもうアイドルですから、
皆さんが楽しみにしたり、どんな風になるのか
心配したりする気持ちもわかります!

 

寄生獣 ミギー 画像

 

ミギー、可愛いですよね…。
こんなに気持ち悪いのにね(笑)

 

ちなみに、漫画を読んだことがない方は、
猟奇的なシーンがあるため、
ネットでの画像検索はおすすめしませんよ(汗)

 

 

あらすじネタバレ!

では、大反響の「寄生獣」は、いったいどんな物語なのか?
原作漫画のあらすじをご紹介していきます。

以下、漫画のあらすじにネタバレを含みますのでご注意ください

 

 

ある夜、突如地球に多数飛来した謎の生命体。

 

その生物は、鼻や耳から人体に侵入し、
脳に寄生することで人間を支配したのち、
「この種を食う」という本能のもと、人間を食らう。

 

主人公・泉新一は、たまたま寄生される寸前で事なきを得るが、
脳を奪えなかった「パラサイト」は、新一の右腕に寄生する。

 

寄生されたことが夢かと思った新一は、
翌朝ごく普通の朝を迎えたが、パラサイトに寄生された家では、
まずその家族が標的となって捕食されていった。

 

本能のままに人間を食らうパラサイトは、
瞬く間に事件となり、世間を賑わせる。

 

一方、パラサイトの存在にようやく気づいた新一は、
「右手」に寄生したことから、パラサイトを「ミギー」と呼び、
奇妙な共同生活が始める。

 

平凡でどこにでもいる普通の少年・新一だったが、
ミギーと共生することで、パラサイトの危険性を知り、
寄生されたことで人体や精神にも変化が訪れ始める。

 

その頃、新一の学校に転任してきた教師・田宮良子をきっかけに
「パラサイト」による学校全体を巻き込んだ事件が起こる…。

 

人体に寄生し、頭部を変形させるシーンは
何度読んでも、こわいものがあります…。

 

もちろん気持ち悪いし恐ろしいのですが、
ミギーはどんどん人間らしさを持ち始めて、
好奇心と探究心旺盛なところが可愛く見えてきます。

 

ミギーに愛着が湧いてきたら、
物語はどんどんと凄惨な展開へ進んでいきますし、

 

「なぜ生まれてきたのか?」というテーマを持って展開する
パラサイトと人間との対立は、地球規模でも、
一人の人間としても、深く考えさせられるものがあります。

 

 

漫画の結末は?

さらに、漫画の結末についてもご紹介しましょう。

以下、本作最大のネタバレになりますのでご注意ください

 

 

パラサイトによって寄生された母をやむなく葬った、
父にも友人にも、誰にも話せない秘密を抱えたまま生活する新一は、
唯一の運命共同体であるミギーと、奇妙な共同生活を続けていた。

 

高い知性を持ち、パラサイトの研究をする田宮は、
学校を去ったあと、同じパラサイトとの間に子どもをもうけ、
未婚の母となる。

 

パラサイトの集団に属し、5体のパラサイトを
一人の身体に宿した後藤に目をつけられた新一は、
後藤と壮絶な戦いを繰り広げる。

 

ミギーを後藤に取り込まれた新一だったが、
後藤との最後の戦いに命を賭けて挑んだことで辛くも勝利する。

 

様々なものを失った新一だったが、
最後には、共生してきたミギーまでもを失ってしまい…。

 

気持ちが悪くて、凶暴で冷酷な
恐ろしい存在であるパラサイト。

 

しかし、本作を読み終えた時に感じるのは、
パラサイトに対する恐ろしさではありません。

 

それは人間の恐ろしさ、生きるための人の業ともいえるべきものです。

 

本作は、深いテーマでありながらも、押し付けがましくなく、
人の生き方について、考えさせられる良質な作品です。

 

映画ではどのような展開になるのか、
どのようなラストになるのか、映画公開が今から気になりますね!

 

それと、アニメ希望のファンも多いようですが、
アニメ化の企画も進行中とのことなので、ご安心ください!

 

今後の寄生獣の続報に期待したいですよね!

 

アニメついての情報はこちらをどうぞ

寄生獣のアニメ放送日はいつから?声優は誰?評判と感想について!

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ