サイコパスのアニメ2期はいつ?内容は?最終回の感想と評価は?

2013年12月1日 | カテゴリー:アニメ・漫画

サイコパス 画像

フジテレビ・ノイタミナ枠で2012年10月から2013年3月まで
放映されたテレビアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」。

制作は攻殻機動隊シリーズなどのProduction I.G。

総監督は、「踊る大捜査線」シリーズで監督を務めた、
本広克行さん。

ストーリー原案は、
「魔法少女まどか☆マギカ」
「翠星のガルガンティア」でも知られる
虚淵玄さん。

キャラクター原案には、
「家庭教師ヒットマンREBORN!」を完結させた
天野明さん。

放送前から話題のそうそうたるスタッフで制作され、
テレビアニメ新シリーズ&劇場版の制作が決定した本作の
アニメ続編情報についてまとめてみました。

 

 

「PSYCHO-PASS サイコパス」とは?

サイコパス 画像

まずは、本作の概要についてご紹介しますね!

以下、少しだけネタバレとなりますのでご注意ください

 

世界観・あらすじは…

 

西暦2112年、近未来の日本では、
スーパーコンピューター「シビュラシステム」が導入されており、
市民の精神状態を計測して数値化、分析していた。

 

厚生省が管轄する「シビュラ」は、計測した情報から
職業適性や生活に則した欲求を実現する方法などを支援し、

 

人々は、生活の基盤の大部分を
「シビュラ」によって監視・管理されるとともに、
システムに強く依存して生活していた。

 

世界では、シビュラによってはじき出された数値が
一定を超えると「潜在犯」とされ、取り締まりの対象となっている。

 

犯罪を取り締まる「公安局刑事課」では、
潜在犯でありながらも取り締まる立場に抜擢された「執行官」と、
その執行官を監視および管理・指揮する「監視官」で構成される。

 

シビュラの適正によって認められたエリートだけが配属される、
公安局刑事課一係に、新人監視官・常守朱(つねもりあかね)が
配属されたところから物語は始まる。

 

執行官である狡噛慎也(こうがみしんや)とともに、
とある事件の黒幕とも予想される
槙島聖護(まきしましょうご)を追うこととなる朱だが…。

 

本作は、常守朱を軸に公安局刑事課一係で取り締まる
様々な事件を追った警察群像劇です。

 

作りこまれた世界観と設定、犯罪を取り締まるシステムや、
コンピューターによって管理された「ドミネーター」とよばれる
拳銃型武器なども面白さの要因となっているようですね。

 

作品内では、「踊るシリーズ」でも登場する警察マスコットと
そっくりなキャラクターも、公安局のマスコットして登場しており、
遊び心のある本広監督の良さが、本作でも随所に垣間見られます!

 

 

最終回の感想と評価は?

2クール全22話に渡って放送された本作の
最終回の感想や評価についてもご紹介しますね!

以下、すこしネタバレを含みますのでご注意ください!

 

この最終回のネットでの反響は…

 

槙島は現代人が普通に共感できる部分が一部あった

槙島が最後に残した朱に対してのセリフの意図は?

狡噛はあのあとどうなったの?

なぜ局長の部屋に雑賀教授がいたの?

続編があるなら確実に縢(かがり)が出るよな?

 

などなど。

 

想像の余地が残されたとも言えますが、
気になるキャラクターの再登場を願う声が多数。

 

複雑な設定とともに、魅力的なキャラクターたちが多いため、
ファンもその世界観にハマり込んで、楽しんでいるようですね!

 

多くの謎が残ったことも要因のひとつですが、
世界観としてもまだまだ描かれていない部分が気になるとして、
続編を望む声が多数上がっていました。

 

 

アニメ2期はいつ?

そんな本作がついに、
テレビアニメ新シリーズ&劇場版の制作が決まったので
続編情報についてもまとめてみましたよ!

 

詳細は、明かされていないものの、
完全新作テレビシリーズ&劇場版の企画が進行中とのこと。

 

テレビシリーズが何クールで放送されるかにもよりますが、
放映は少なくとも半年は先ではないでしょうか。

 

さらに映画ともなると、制作に時間がかかるため、
2014年に公開される可能性はあるものの、
しばらく先となるのは確実でしょう。

 

 

内容は?

さらに気になるテレビシリーズ&映画の内容ですが、
どんなものが予想されるのか考察してみました!

 

近年、テレビアニメの劇場版ともなれば、
テレビシリーズの総集編的物語が多いですが、

 

本作については、「完全新作」と銘打っているだけあって、
新しい物語が期待できるのではないでしょうか!

 

テレビシリーズでは、物語としてひとつの完結を迎えましたが、
世界観や登場キャラクターを掘り下げる余地はまだまだあります。

 

それでは、どんな物語が考えられるのでしょう?

 

1、
刑事課など既存のキャラクターを軸にした物語となる?

 

2、
物語序盤に登場し、最終回のラストシーンでは、
新人女性監視官となって現れた霜月美佳を主人公とする?

 

3、
12話脚本担当・高羽彩さんによるスピンオフ小説、
「サイコパス・ゼロ 名前のない怪物」を映像化する?

 

4、
世界観はそのままに、まったく違うキャラクターたちを軸にする?

 

などが、予想できます。

 

うーん…、どれも面白そうです!

 

特に、スピンオフ小説「サイコパス・ゼロ」は、
槙島を追うきっかけとなった過去の事件を描き、

 

執行官・佐々山がメインの物語であり、
狡噛が「監視官」時代のお話となっています。

 

ドラマCDも発売されている人気のエピソードですし、
狡噛、槙島両名が登場するこちらの物語の
映像化を願う声も多数あがっています。

 

そのほか、映画、テレビシリーズとあるため、
それぞれ違う物語やエピソードでありつつも、

 

どこかキャラや話がリンクしたようなものに仕上がっていくと
さらに面白くなりそうですよね!

 

どのような話になるかは今後の続報を待つとして、
映画公開&テレビ放送が待ち遠しいですね!

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ