オオカミ少女と黒王子の最新刊8巻9巻の発売日!7巻ネタバレ!

2013年12月4日 | カテゴリー:アニメ・漫画

オオカミ少女と黒王子 画像

八田鮎子さん作品の少女漫画「オオカミ少女と黒王子」。
別冊マーガレットでも好評連載中ですよね。

そんな個性ある登場人物が魅力の
漫画「オオカミ少女と黒王子」について
最新刊発売日やネタバレなどをまとめてみました。

 

 

最新刊8巻9巻の発売日は?

ひょんなことからカップルになった男女2人。
そんな2人が繰り広げる
ラブストーリ-漫画「オオカミ少女と黒王子」。

 

物語のあらすじを簡単に説明すると…

 

見栄っ張りな16歳の女子高生・篠原エリカ。

 

彼氏いない歴16年にもかかわらず、
友達には彼氏とのラブラブ話を想像で語る日々。

 

そろそろウソも限界と思ったある日、
街で見かけたイケメンを激写。

 

自分の彼氏だと自慢するエリカだが実はそのイケメン、
なんと同じ高校に通う佐田恭也という男子生徒で…。

 

事情を話し、彼氏のフリをしてもらうようお願いするエリカ。

 

優しい雰囲気の佐田くんは承諾するも、
代わりに自分の犬になるようエリカに命じ…

 

そう!なんと佐田くんは見た目とはまったく正反対の
超腹黒ドS男子だったのです!

 

弱みを握られてしまったエリカ。

 

そんな偽装カップルから始まった2人ですが、
これがだんだんとお互いに恋愛感情を持ち始め
本当にカップルになってしまうんですね。

 

ちょっとツンデレな感じの佐田くんが、
女性からかなり人気を集めているなんて、
やっぱりイケメンは何をしてもモテるのでしょうか(汗)

 

現在コミックでは7巻まで発売されている本作ですが、
気になるのは最新刊8巻の発売日ですね…

 

ネットでの情報によると最新刊8巻の発売日は
2013年12月25日だそうですよ。

 

7巻が9月25日だったので4ヶ月ぶりの発売ですね。

 

今までも同じようなペースだったのでその次の10巻も
4ヶ月後の2014年4月頃だと予想します。

 

毎回、はちゃめちゃな展開で楽しませてくれる2人なので、
続きも待ち遠しいですね。

 

 

7巻のネタバレ!

では、さっそく7巻のネタバレについて紹介したいと思います。
以降ネタバレ部分がありますので閲覧注意でお願いします

 

オオカミ少女と黒王子 画像

 

物語は文化祭の準備からスタートです。

 

実行委員になったエリカと佐田くん。
2人はさっそく買い出しに向かいますが「なんで俺が…」と、
ぐずり出してしまう佐田くん。

 

そんな中、以前エリカのことが好きだった日下部くんも
クラスメイトと買い出しに来ていたようでばったり再会。

 

佐田くんとも一悶着ありましたが、そんな気まずさはどこへやら…

 

普通に優しい日下部くんでしたが、
実はすでに他の女子のことを好きになったようで、

 

そんな日下部くんの気持ちを知ったエリカと佐田くんは
応援することに。

 

文化祭当日、日下部くんは告白に成功し、
見事カップルになることができました。

 

日下部くん、お幸せに~(笑)

 

そして季節は過ぎ、中間試験へ。

 

ここで受験を控えたエリカのいとこ・レナちゃんが
ニューフェイスとして登場します。

 

ひょんなことからレナちゃんの家庭教師をすることになった佐田くん。
しかし、レナちゃんは佐田くんに対して反抗的な態度全開。

 

そんなレナちゃんの態度にドS魂に火がついてしまった佐田くんですが、
ある日、彼氏ともめているレナちゃんを助け、
それがきっかけでレナちゃんも佐田くんに対して心を開いていきます。

 

と、ここで問題が一つ。

 

なんと心を開くだけでなくレナちゃんは
佐田くんを好きになってしまうのです(汗)

 

さっそく彼氏と別れ、佐田くんまっしぐらのレナちゃん。
エリカにもライバル宣言し、告白することを決意します!

 

ということで、7巻は終了しましたが、
次巻もレナちゃんが準主役のような感じで
2人の仲を振り回すような気が…。

 

佐田くんがレナちゃんの気持ちに対してどういう態度をとるのかも
見どころのようですね。

 

ちなみに今回発売された7巻には、
エリカと出会う前後の佐田くんを描いた特別編2話も収録されており、
佐田くんの違った一面も見ることができるかも♪

 

今後も2人の恋愛から目が離せそうにないですね!

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ