ワンパンマン最新刊6巻7巻発売日!5巻ネタバレ!強さについて!

2013年12月11日 | カテゴリー:アニメ・漫画

ワンパンマン 画像

ネット発のONEさんによるアクション漫画「ワンパンマン」。

2009年よりウェブ上で発信され、2012年には、
累計1000万人以上に閲覧されたとテレビで報道されました。

2013年現在では、2600万アクセスを突破しているようです。

そんなONEさんの漫画を、ジャンプで連載していた
「アイシールド21」の作画担当・村田雄介さんによって

リメイクされた「ONE PUNCH-MAN(ワンパンマン)」が
話題となっています。

累計発行部数220万部を突破した、
リメイク版・ワンパンマンについての
ネタバレや新刊情報をまとめてみましたよ!

 

 

「ワンパンマン」とは?

ではまず、ワンパンマンとはどんな漫画なのかをご紹介!

 

ONEさんによるウェブ漫画は、サイトにて配信を続けています。

 

そして、「となりのヤングジャンプ」公式サイトにて
ウェブ連載中なのは、作画・村田雄介さんによる
リメイク版ワンパンマン。

 

リメイク版は隔週木曜日配信となっており、もちろん無料。
公式サイトでは、1~5話および、直近の物語、番外編などが
大量配信中です!

 

そんなワンパンマンとは、どんな漫画なのかというと…

 

そう…語呂合わせから、誰しもが「アンパンマン…?」って
思うのは止められないこのタイトル。

 

違うんです。
アンパンじゃなくて、ワンパンなんです。

 

英語タイトルが付加されたことでわかりやすくなりましたが、
物語の核とも言えるのがこの言葉に集約されています。

 

並みいる敵を「ワンパンチ」でやっつけるヒーロー漫画、
それがワンパンマンです!

 

 

強さについて!

では、どのくらい強いのかということで、
物語を検証してみましょう。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください

 

ワンパンマン 画像

 

ワンパンマンの物語は…

 

とある町に住んでいる主人公・サイタマは
「趣味」でヒーローをしています。

 

そんなとんでもないヒーロー・サイタマが
どんな敵でもワンパンチでやっつけちゃう、
ギャグヒーローアクション漫画・ワンパンマン。

 

町にはヒーロー協会という機関があり、
サイタマも後に所属することとなるのですが、
強さの順は上から、S級、A級、B級、C級とあります。

 

A級やS級のヒーローですら太刀打ちできない、
町に襲い来る災害レベルの怪人たちを、
ワンパンチで黙らすのがヒーロー・サイタマの強さです。

 

しかし、ヒーロー協会に登録したサイタマのランクは
なんとC級。

 

あまりの強さに、インチキ呼ばわりされ、
強さを認めてもらえない不遇なサイタマですが、
強さに反して、それをひけらかさない性格が魅力的です!

 

 

5巻ネタバレ!

では、次に本作5巻のネタバレをご紹介します。

以下、ネタバレですのでご注意ください

 

 

ようやくヒーローランキングが上がって一安心したサイタマだが、
災害レベル:鬼(町が機能停止や破壊されるレベルの危機)が発令。

 

怪人の襲来によって、それぞれのヒーローたちが集結して
倒す機会を伺っていた。

 

A級、S級のヒーローたちが次々にやられ、
音速のソニックやサイタマの弟子・ジェノスまでもが倒れていく。

 

そんななか、道に迷っていたサイタマが
やっと駆けつけて…。

 

ソニックやジェノスというむちゃくちゃ強いヒーローたちでも
太刀打ち出来ない怪人相手に、

 

サイタマは今回もワンパンチでやっつけてくれるのか?
かっこいいサイタマが見れるのか?

 

気になるファンは是非、ウェブ連載か単行本で確認して下さいね!

 

 

6巻と7巻の発売日は?

さらに、最新刊情報についても調べてみましたよ!

 

各巻の発売日を見るに、同時発売した1・2巻以外では、
約4ヶ月スパンで発売されている、リメイク版ワンパンマン。

 

5巻が2013年12月4日発売ですので、

 

次回6巻は2014年4月
続く7巻は2014年8月に発売されるのが
濃厚ではないでしょうか!

 

ウェブ漫画とはいえ、安定した連載ペースを保っているのは
嬉しい限りですよね!

 

今後もどんな敵でもワンパンチで倒せるのか?
さらなる強敵が現れるのか?

 

今後の展開をたのしみにしたいですね!

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ