鬼灯の冷徹の最新刊13巻14巻発売日は?12巻の内容ネタバレ!

2013年12月11日 | カテゴリー:アニメ・漫画

鬼灯の冷徹 画像

江口夏実さんのコメディ漫画
「鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ)」。

週刊誌「モーニング」にて好評連載中の本作は、
2012年には「全国書店員が選んだおすすめコミック」にて
1位を獲得する人気ぶり。

2014年1月よりテレビアニメも放送予定の
「鬼灯の冷徹」に関する原作情報についてまとめてみました。

 

 

「鬼灯の冷徹」とは?

あの世の世界を舞台にした本作について
まずはあらすじをご紹介します。

 

あの世は天国と地獄に分かれており、
さらに地獄には八大地獄と八寒地獄の二つがある。

 

二つの地獄の中はさらに細かい部署があり、
地獄では人手不足の悩みがつきない。

 

そんな地獄を取り仕切るのは閻魔大王…かと思いきや、
あたふたしてばかりで使い物にならないのであった。

 

ダメダメな閻魔大王に代わり、地獄を取り仕切るのは
第一補佐官・鬼灯である。

 

地獄で起こる、お役所仕事のようなさまざまな問題を
ドSで冷徹な鬼灯がなんだかんだで解決していく
あの世の日常ブラック・コメディ!

 

あの世なんだけど、この世のような雰囲気で展開する本作は、
サボる上司(閻魔大王)、空気の読めない後輩(桃太郎の犬)、
そりの合わないライバル(白澤・はくたく)などが登場します。

 

ここはブラック企業か!と言いたくなるような問題や
個性的なキャラクターなどなど…。

 

閻魔大王をあのアホと罵り、それでも仕事をそつなくこなしていく
鬼灯のドSっぷりはなかなかどうして痛快です(笑)

 

 

12巻の内容ネタバレ!

続きまして、最新刊のネタバレもご紹介。

すこしだけネタバレとなりますのでご注意ください

 

鬼灯の冷徹 12巻 画像

 

12月20日に発売される12巻では100話の大台も突破し、
鬼灯が閻魔大王の逸話だったり、残酷な童話だったりに
興味を示したりと大忙しの様子。

 

おおかみと7ひきのこやぎ」に興味を示した鬼灯が
西洋の天国へ向かって、いったい何が起こるのか?

 

というのが12巻の内容のようです。

 

そして12巻の表紙は
猫好好(マオハオハオ)ちゃん」ですが、
これは…一体…何者?という風体。

 

いや、猫なんでしょうけども、それにしては可愛くなさすぎる!
むしろ不気味な雰囲気をかもし出しています(笑)

 

どうやら白澤が描いたオリジナルキャラクターということですが、
画力がないという設定みたいです。

 

画が下手なキャラの描いた下手な画を
表紙に持ってくるというのは、

 

アニメももうすぐ始まろうという時期に出す単行本にしては
チャレンジャーすぎます(笑)

 

さすがシュールなコメディ作品と言うべきなのか…(笑)

 

限定版には、“ちゃんと”可愛い
キャラクターシール三種セットもついていますので
ファンはそちらもお楽しみに!

 

 

最新刊13巻14巻発売日は?

11巻は11月、12巻は12月に発売されたばかりの本作。
気になる最新13巻14巻についても調べてみましたよ!

 

週刊誌連載だけあって、発行ペースはほぼ3ヶ月と早め。
アニメも放映間近なので、2ヶ月連続刊行というのも
人気の証かもしれませんね。

 

12巻でペースは狂ったものの、
約3ヶ月スパンでの発行というのが続くようであれば、
13巻は2014年3月が濃厚でしょう。

 

アニメが終わる頃に最新刊というのも売上が見込めますもんね!

 

問題なければ、
続く14巻も2014年6月ごろ
発売されるのではないでしょうか?

 

引き続きどのようなシュールでブラックな物語を
披露してくれるのか、楽しみな作品ですね!

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

鬼灯の冷徹のアニメ感想と評判!声優は誰?あらすじ内容ネタバレ?

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ