摩擦黒皮症は皮膚科で治療?症状は改善できる?原因について!

2013年12月25日 | カテゴリー:病気・健康

摩擦黒皮症 画像

皮膚が何だか最近黒くなってきたな~?と感じたあなた。
「摩擦黒皮症」ってご存知ですか?

何でも綺麗好きだからこそ起こりうる症状だとか。

というわけでさっそく
「摩擦黒皮症」の症状や原因、
改善方法などについて調べてみました。

 

 

摩擦黒皮症の症状や原因について!

摩擦黒皮症 画像

そもそも摩擦黒皮症ってどんな症状かというと…

 

繰り返し摩擦刺激を受けることが原因で
皮膚が黒ずんでしまうことだそうですよ。

 

もっと詳しく説明すると…

日焼けや摩擦刺激を受けるとメラニン色素が作られます
(これがシミや黒ずみの原因ですね)

 

通常メラニン色素は表皮層といって
皮膚の上側に存在するのですが、

 

摩擦黒皮症の場合、真皮層(皮膚の奥深く)に
入り込んでしまい、

 

そのため、元の白い肌に戻るまでに時間がかかったり、
あるいは戻りにくくなってしまうそうです。

 

肌が黒ずむなんて女性は特にショックですよね。

 

でも皮膚が黒ずむぐらい摩擦を受けるなんて、
日常生活ではそんなにないのでは?

 

と、思っているそこのあなた!

 

毎日お風呂で体をゴシゴシ洗ってはいませんか?
あるいはちょっとサイズの合わない肌着をつけているとか…?

 

そうです!摩擦黒皮症の恐ろしいところは
毎日知らず知らずのうちに自分自身が原因を作っていること(汗)

 

特にナイロンタオルやボディーブラシを使って
強い力で洗っている方は注意が必要なのです。

 

ちなみに発生しやすい部位はというと、
一部分を除いて全身どこにでも発生する可能性があり、
特に骨が出ている部分に起こりやすいとか。

 

背中や腰のあたり、首などなど…

 

ついついタオルでゴシゴシ洗ってしまうところに
症状が出やすいということでしょう。

 

 

皮膚科で治療?症状は改善できる?

摩擦黒皮症 画像

皮膚に摩擦刺激を与えることで起こってしまう摩擦黒皮症。
普段の日常生活を改善することで避けられそうですよね。

 

まずポイントはお風呂で体を洗う時。

 

ナイロンタオルやボディーブラシではなく
麻か綿のタオルで洗うことをお勧めします。

 

毎日湯船につかるだけでもかなりの汚れは落ちるそうなので、
石鹸を泡立てて素手で揉むように洗ってもOK
毎日ゴシゴシ洗わなくても清潔感は保たれるそうですよ。

 

最初はなんだか物足りない?かもしれませんが、
摩擦黒皮症を改善するためにもゴシゴシ洗いは今日からストップですね。

 

さらに着用している肌着の見直しも。

 

しっかりサイズの合ったものを選び、
なるべく生地の柔らかい綿などの素材を選ぶのがベスト

 

中でもシルク素材は肌を綺麗にする効果があるそうなので、
乾燥肌が特に気になるという方は
一度試してみるのもいいかもしれませんね。

 

それでも摩擦黒皮症で痒みなどの症状が
ひどい場合はお近くの皮膚科へ。

 

1人で悩まずきちんと医師に相談し、
ビタミンC内服やハイドロキノン外用などの
薬で治療することをお勧めします。

 

中でも美容皮膚科であれば詳しく診てもらえたという情報もあり、
どちらにしても早めの受診で治療することが大切ですね。

 

長年の日常生活の習慣で誰でも起こりうる摩擦黒皮症。

 

しっかり睡眠をとることも肌にとっては大切なことなので、
気になる方は生活リズムを整えて、元気な肌を取り戻しましょう♪

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメントをどうぞ

このページの先頭へ