黒執事の映画キャストやロケ地は?評判がひどい?主題歌や内容は?

2013年9月8日 | カテゴリー:映画

黒執事 映画 画像
俳優業を活動休止していた水嶋ヒロさんの
復帰作となる映画「黒執事」。

原作ファンの間では様々な噂が飛び交い
話題になっているようです。

この映画のキャストや原作など色々な話題について調べてみました。

 

 

あらすじは?

物語の舞台は2020年の日本。

 

イギリスの名門貴族であるファントムハイヴ家は、
男子のみが当主として後継者になれる。

 

その末裔の幻蜂汐璃(げんぽうしおり)は、
女性であることを隠し、清玄(きよはる)と名乗って暮らす。

 

真の姿を誰にも見せず、ある復習のために
完全無血の悪魔の執事・セバスチャンと魂の契約を交わした彼女。

 

心に闇を抱える汐璃の過去や事件などを
執事セバスチャンと共に解決していく
というストーリーになります。

 

こちらのあらすじは
映画のためのオリジナルストーリーになるみたいですよ。

 

脚本は、黒岩勉さんが手掛けるとのことです。

 

黒岩さんは、
「ストロベリーナイト」や「絶対零度」、
「ライアーゲーム」シリーズなどを手掛けて来られた脚本家さんですね。

 

今作も緊張感のあるスリリングな雰囲気に
ピッタリのセリフが生まれるのではないでしょうか?

 

 

キャストは?

黒執事 キャスト 画像

主人公のセバスチャン・ミカエリス役には
水嶋ヒロさんが決まっています。

 

水嶋ヒロが小説家引退!?執筆活動をしない理由は?離婚とやらせ?
(水嶋ヒロさんについてはこちらをどうぞ↑)

 

今まで、実写化を許可しなかった原作者が
水嶋ヒロさんなら
とご指名されたそうです。

 

さらに、プロデューサーは1年半かけて出演交渉したとのことです!
水嶋さんがいなければ、実写化は無かったかもしれませんね。

 

そして男装の麗人、幻蜂汐璃こと清玄役には剛力彩芽さん。
剛力さんは、初の男装に挑んだそうです!

 

そして、
・若槻華恵役には優香さん
・メイドのリン役には山本美月さん
・葬儀屋役には栗原類さん
などの出演が発表されています。

 

他にも
安田顕さん
城田優さん
岸谷五朗さん
などが出演されるようです。

 

どんな姿で登場するのか楽しみですね!

 

 

原作は?

黒執事 画像

作者の枢やなさんが描いた
漫画「黒執事」が原作になります。

 

2006年から連載が始まり、
現在でも続いている人気漫画ですね♪

 

単行本も17巻まで発行されていて、
累計発行部数は1500万部だとか!

 

舞台化、アニメ化もされていて、すごく人気の高い漫画です。

 

枢やなさんは、剛力さんについて
男装の剛力さんは萌える
と評価しているみたいです。

 

大幅な設定変更も、
原作者は受け入れて喜んでるようにも見えますね!

 

 

主題歌は?

黒執事 剛力彩芽 画像

やっぱり気になるのは主題歌なのですが
残念ながら主題歌についてはまだ公式発表されていません。

 

調べてみると、ネット上では
剛力彩芽さんが歌うかも?
という意見がありましたが、

 

あくまでも噂なのでどうなるのかはわかりませんが
剛力さんの歌もすごく可愛らしい感じなので
発表を楽しみに待ちましょう!

 

 

ロケ地は?

今回、ロケ地として選ばれたのは北九州市だったようです。

撮影日は2013年の4月にロケ撮影をされています。

 

監督は
門司港駅を使いたかった
工事で無理だったけど、シリーズが撮れたら使いたい
と、話していたみたいです。

 

北九州市は映画撮影に協力的な街ということで、
黒執事の他にも同時に4本の映画のロケ地になっていたようです。

 

きっと、映画の世界観とマッチしやすい街なんでしょう!
気になればロケ地巡りも楽しいかもしれませんね。

 

 

評判は?

こちらの作品、まだ試写会もされてないようなのですが、

 

原作ファンは
期待できない
実写化しなくていいのに
と、辛口な意見が多いみたいです。

 

どうやらファン層は、いわゆる熱狂的な女性が多いみたいで
原作の世界観を壊されるのが嫌らしいです。

 

確かに、悪魔や美少年、
ヨーロッパの貴族の生活など、
忠実に再現するのはかなりハードルが高いですよね…。

 

しかし、たくさんの批判や辛口コメントがあるのも
熱烈なファンが多い人気作という証拠なのではないでしょうか!

 

 

公開日は?

少し長いですが公開日は
来年2014年の1月18日公開予定になります!

 

黒執事をいい作品にするためにはどうしたらいいか。
毎日そればっかり考えている
と言う水嶋ヒロさん。

 

 

復帰作ということもあって水嶋さんの思い入れも相当なものではないでしょうか?
公開日が楽しみですね!

Sponsored Link
この記事はいかがでしたか?
最後まで読んでくれてありがとうございます!もしよければ、ツイッターやフェイスブック、はてブのどれかでこの記事を広めていただけるとすごく嬉しいです。ご協力よろしくお願いします!


似ている記事はこちらです

コメント

  1. どす より:

    剛力あやめが最悪、あの役は美しい少年でないとだめ
    美しい女性ならまだしも
    剛力さんは女性ならとしても顔は申し訳ないけど
    全く綺麗でない
    水島さんはイメージに近いが、相手役キャスティングは
    最悪なので、見る気がしません

    • 管理人 より:

      どすさんコメントありがとうございます。

      やはり実写化については賛否両論あるみたいですが、
      どちらかというと否のほうが多いみたいですね…。

      たしかに水嶋さんの執事役はとても似合っているのでイメージにあうと思います。
      剛力さんもどんな演技をしてくれるのか注目といった感じでしょうか。

      原作ファンの夢を壊すことだけはなるべく避けていただきたいですね^^;

  2. 通りすがり より:

    キャスト希望は原作者から

    という報道(?)が初期にあり、
    それが事実のように定着していますが、
    キャストについては原作者サイドは、
    編集の担当も原作者も一切タッチしてないそうです。
    当然「水嶋さんなら」という発言も一切されてないそうです。
    原作者ご本人も先日そのように発言されてました。
    水嶋さんを熱望したのは監督やプロデューサーサイドで、
    原作者へは決定後の事後報告だけだったそうですよ。

  3. ふらん より:

    黒執事は好きですが、やはり実写となると…
    キャストによっては見たいと思っていましたが。剛力さんだと、イメージが違っていて、シエルとは異なると私は感じました。アニメやマンガの世界と、現実は、やはり異なるので、それを表現するにはとても難しいと思いますので、そこは共感しました。
    ですが、一つ気になったのは、【オタク系の女性】という言葉は、少し違うのかな?と思います。ファンならまだ良いのですが、オタクだと…差別と言うか…もし自分が言われたら?と言うのを考えて、もう少し違う言葉にして頂けると嬉しいです。
    それと、管理人さんは、剛力さんがお好きなのでしょうか?剛力さん推しの言葉が見られますが、中にはあまり好きではない、と思っていない人もいると思うのでもう少し抑えて書くといいのでは…?
    突然長文すみません!少しでも読んで頂けると嬉しいです。m(._.)mありがとうございます。

    • 管理人 より:

      ふらんさんコメントのほうありがとうございます。

      共感していただけた部分もあったみたいで、
      記事を書いて本当に良かったと思っております。

      ご指摘していただいた
      「オタク系の女性」という言葉は、

      たしかに差別的な用語だったのかもしれません…。
      この点については大変申し訳なかったと思っております。

      すぐに修正しておきましたので、
      またご指摘があればお気軽にご連絡ください。

      それと、もう一つご指摘された
      「剛力さん推し」という事についてですが、
      管理人は特に剛力さん推しという事ではないですよ。

      どの記事でもそうですが、
      どれだけバッシングされている芸能人でも
      基本的には否定的な事は書かないように心掛けて記事を作成しております。

      たしかに人それぞれ好き嫌いがありますので
      そこはどうしようも無い部分ではありますが、

      当方のブログは、
      なるべくみなさんが楽しんで読んでもらえるように
      毎日模索しながら作成しています。

      なので、この部分に関しては
      申し訳ないのですがご理解いただけるようお願いいたします。

      ただ、あまりにもヒドイ場合は
      ふらんさんのおっしゃっている通り
      もう少し押さえ気味で書いていこうと思います。

      黒執事が好きだという情熱もすごく伝わってきますので
      また良い記事を書けるように日々努力しますね!

      また何かありましたらコメントをいただけると幸いです。

      長文失礼いたしました。

  4. そらりす より:

    実写化されるって聞いたときはちょっと抵抗あったけど今はグレルさん役が気になってきた

  5. ありんこ より:

    剛力彩芽さんですか…。イメージが合いませんね。
    内容も原作とはかなり違うようなので、あまり見たいとは思わないです。スミマセン
    それと、人気コミックの実写化なら原作を潰しすぎないほうがいいかと思いますね。
    たたでさえ原作のイメージと違うキャストなのに内容まで変えてしまうと観る人はがっかりしますからね。お金を出してみるなら面白いものを観たいですから。
    偉そうにスミマセン。黒執事が大好きなもので…。
    まあ、たくさんの人に観ていただけるといいですね。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ